頑張る!独身女!!

“嗚呼 独身の日々”
〜年食えば、大人になるとは、限らない〜

天国は待ってくれる

2007-02-27 | アジアな私(映画ばなしも)
天国は待ってくれる




2007年2月鑑賞


あの頃僕らは永遠だと思ってた。
「僕たちは何でも言い合える友達だったはずなのに・・・」なぜか、一番大切な想いだけが言葉にならない。




この作品を一言で言えば、めっちゃ平凡。でも、私は好きです。飾らない作品の方が温かいから。


井ノ原快彦にイメージにピッタリの宏樹役。すごいイイ人。

岡本綾。彼女は朝ドラの「オードリー」主演の頃からあまり好きではなかった
何か?言いたげな口元なのに、私は何も言いません。みたいな。
でも、薄い唇が本当はお喋りな彼女を想像してしまう。薫役でも、結局最後まで自分の気持ちを言ってないし。
やっぱり、最初から最後まで彼女の事は好きになれなかったです

清木場俊介。武志役。演技は?どうなんだろう?主題歌良かったです。
“Ah!ゆるぎない・・・Ah!変わらない・・・モノがあれば・・・ねぇ?いいのにな・・・”




ストーリは『タッチ』って、感じ。かなぁ?

宏樹と武志と薫の関係は和弥と達也、そして南の関係ぽかったな。

そして、この歌が聞こえてくる感じの優しい作品。

“小さい頃は、神様がいて。不思議と夢をかなえてくれた。やさしい気持ちで、目覚めた朝は、大人になっても奇蹟はおこるよ。。。『「やさしさに包まれたなら」より 詞/曲:荒井由美/歌:松任谷由美』”




二人の男の子と一人の女の子は幼馴染の関係、子供の頃のように、いつまでも『聖』なる三角形のままではいれず、武志(清木場俊介)は薫(岡本綾)にプロポーズ。そして宏樹(井ノ原快彦)は、自分の気持ちをおさえ二人の結婚を祝福する。

そして結婚式当日に事件はおこる。


この作品、セリフが少なく感じました。表情だけで演技してる感じで。

そして主役の三人も優しいのだが、この三人を取りまく家族(石黒賢 、 戸田恵梨香 、 蟹江敬三 、 いしだあゆみ)の人達も皆、優しいの。

セリフが少ない分。それぞれの皆の思いが優しく伝わって、ほんわか気分になれる作品です。



地味な感じがとても良かったです。

私は地味な方が親しいやすいのか?泣けれるなぁ

それに、いのっちが、優しすぎるの。

いのっちに、なかされるんだよ

とても優しき気分になれた作品でした。





天国は待ってくれる - goo 映画天国は待ってくれる - goo 映画



『ジャニーズ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハケンの品格 第7話 | トップ | 夢で会いたいと願う夜に限って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
天国は待ってくれる/井ノ原快彦、岡本綾、清木場俊介 (カノンな日々)
私の大好きな「ちゅらさん」の脚本家、岡田惠和さんの書き下ろし小説が原作という事でとっても楽しみにしていた作品です。岡田惠和さんの代表作はコレもアレもそうなの?、TVドラマ、映画など数え切れないほどあって、調べてみれば、さらに私が好きで観ていた作品がとても...
「天国は待ってくれる」 (てんびんthe LIFE)
「天国は待ってくれる」ユナイテッドシネマズ豊洲で鑑賞 全く興味がなかったのですが…。ストーリーにも出演者にも全くです。何でイノッチなんだよォ、と思っていましたこんなストーリーならば地味な出演者でよかったのだと思えました。ピュアな純愛だし、韓国映画みた...
トライアングル、いろいろなかたち。「天国は待ってくれる」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ドラマ「ちゅらさん」「イグアナの娘」「Antique〜西洋骨董洋菓子店」映画「いま、会いにゆきます」などの脚本家・岡田惠和、初の書き下ろし長編小説の映画化「天国は待ってくれる」物語・子供の頃からいつも
天国は待ってくれる (ネタバレ映画館)
永遠の三角形とは合同条件を満たすモノ。
天国は待ってくれる 07053 (猫姫じゃ)
天国は待ってくれる heaven can wait . maybe.... 2007年   土岐善将 監督井ノ原快彦 岡本綾 清木場俊介 石黒賢 戸田恵梨香 蟹江敬三 いしだあゆみ リメイクじゃないのね、、、 HEAVEN CAN WAIT 。だってホステージ に、出てきたでしょ? い...
「天国は待ってくれる」永遠の聖トライアングルを成立させた親友の最後の願いと想い (オールマイティにコメンテート)
「天国は待ってくれる」は男2人女1人幼なじみの3人の親友の変わらぬ友情の中で1人の男が思いを寄せる親友の女に告白するが、事故で3年間意識不明になるが奇跡的に回復し、残った時間でそれぞれの親友に思いを伝えるストーリーである。親友関係の3人にはそれぞれの思...
天国は待ってくれる (今、此処に。)
「天国は待ってくれる」の試写会に行ってきました。
『天国は待ってくれる』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『天国は待ってくれる』鑑賞レビュー! あの頃、 僕らは永遠だと思ってた。 「僕たちは何でも言い合える友達だったはずなのに…」 なぜか、一番大切な想いだけが言葉にならない。 男女の友情は成立しないのだろうか? 聖なる三角形は永遠の三角形 ...
天国は待ってくれる 40点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ジャーナリスト宣言(笑) 公式サイト 月9などの人気TVドラマの脚本を執筆し、『いま、会いにゆきます』で劇場映画としてもヒットを飛ばした脚本家、岡田惠和の最新作(個人的には『南くんの恋人』や『イグアナの娘』の人だが)。監督は、本作が初監督作品となる土岐...
折り鶴の願い。~「天国は待ってくれる」~ (ペパーミントの魔術師)
男女3人の聖なる三角形。 ずっと一緒にいられると思ってた。 永遠に変わらないと思ってた。 ・・・ムリやろそれって。 それを守ろうとした3人の物語。 愛情と友情のなかで揺れ動いた3人の物語。 ・・・あ~でも、この二人だったら 清木場俊介さん、男の中の男って...
天国は待ってくれる☆独り言 (黒猫のうたた寝)
聖なる三角形・・・いつかはバランスが崩れるんだろうけどそんなことは絶対ないと信じてた・・・無理だって(爆)どーいう話なんだか、予備知識入れずに観にいったのは『天国は待ってくれる』・・・長かったです、、、うたた寝しなかったけど、欠伸回数5〜6回短い映画な...
『天国は待ってくれる』 (京の昼寝〜♪)
“聖なる三角形”は“永遠の三角形”あの頃、僕らは永遠だと思ってた。   ■監督 土岐善將■原作・脚本 岡田惠和 ■キャスト 井ノ原快彦、岡本綾、清木場俊介、蟹江敬三、いしだあゆみ、戸田恵梨香、石黒賢□オフィシャルサイト  『天国は待ってくれる』 &nb...
『 天国は待ってくれる 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『  天国は待ってくれる 』   [劇場鑑賞] 2007年:日本 【2007年2月10日公開】[ 上映劇場  ] 監督:土岐善將 脚本:岡田惠和 原作:岡田惠和 『天国は待ってくれる』 【キャスト】 井ノ原快彦 岡本綾 清木場俊介 石黒賢 戸田恵...
天国は待ってくれる<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
モニター試写会で観てきました。(2006.9/14) <東劇> 監督:土岐善將 脚本:岡田惠和 幼なじみの男女3人(武志・宏樹・薫)が、いつまでも“聖”三角形でいようと誓い合う。成長し、それぞれの立場で働きだした3人。ある日、武志は親友の前で薫にプロポーズするが・...
天国は待ってくれる (いろいろと)
出演 井ノ原快彦、岡本綾、清木場俊介戸田恵梨香 ほか 久々に泣きましたね。最後ま
『天国は待ってくれる』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
「イノッチ〜!」 エンドロールを見ながら、この作品を見終わった直後の感情を表すとこんな感じ。 感極まって、ストレートに感情を表現したくなりました。 宏樹、武志、薫の3人の幼馴染の成長と友情を描いた「天国は待ってくれる」 涙を誘われる良い作品でした。 V6の...
mini review 07088「天国は待ってくれる」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
人気脚本家の岡田惠和が初めて書き下ろした同名の小説を映画化した切ないラブストーリー。友情と愛情の間で揺れ動く幼なじみの男女3人の関係を丁寧につづる。新聞社勤務の柔和な青年をV6の井ノ原快彦、築地で働く威勢のいい青年役を本作が映画初出演となる歌手の清木場俊...
天国は待ってくれる(テレビ録画) (単館系)
3月3日、テレビ朝日で放送された「天国は待ってくれる」を見た。 小学生の時、宏樹は転校してきたのかな。 それで先生が自己紹介してみようか?というのだが 宏樹はうまく発声できなかった。 そのあと2...