真我なるハート☆奇跡のコースで生きる☆今ここを終わらせることがうれしい!本当の自分を思い出そう

私たちは本当はどんな存在なのか まずは思い出すだけでいい!
パワフルな愛・悦びに包まれながら 本当の人生がスタートする

「人のために祈る」とは

2016年10月19日 14時45分32秒 | ご感想!&ご質問と回答!
奇跡講座を数年間学んでいらっしゃって
最近、実践コースのエア受講をスタートなさったI.Nさんからのご質問。

自分と、関わりのある人が、病気になっていて
その人のために祈りたいと思うのだけれども、どのように祈ることなのかな。


というニュアンスの~ご質問~をいただきました。




~のりこ~

I.Nさん、ご質問ありがとうございました。


なかなか、

「真の赦し・真の祈り」というものが

なんであるのか?



が、わからない私たちの実践段階では


一筋縄ではなく、

右往左往しながらの日々の赦しと祈りを繰り返しつつ

繰り返しの学び実践のさなかで、

あらゆる確信が生まれてくるものですね。




ですから、今のI.Nさんのように気づきながら実践しながら

また、気が付いてゆくという状態で間違いないのだと思います。



真理は、シンプルで

私たちが真に受け入れるべきことは

きわめてシンプルですね。



「神からの分離は起こらなかった。」

「見ているこれは、私があの往古の一瞬に分離を願い、分離は起こると信じた結果=夢だった」

「私が、この夢を作った者であり、私が夢見る者であった」



ということは、

観ているすべては、実在しない世界であり、何も本当の意味では起きていない。

過去に思い描いた思考である。



であれば、

私が、その事実を思い出す以外に

私にできることは無い。



ということを受け入れることになります。

自力で思い出すことは不可能ですから



「真実を教えてください。」

と、願い出て沈黙することになります。



「兄弟が、本当は誰であるのか、どうか教えてください。」

と、願い出て沈黙することになります。



イエスが、私たちに求めているのは

「この夢を、聖霊と共に見たい。と望むこと」

なのだろうと思います。



「こうなって欲しい。」

と、思うことは悪ではないですが、

執着を手放す必要はあるんですね。



私は「こうなって欲しい。」「ああなって欲しい。」と、思っています。

と、正直に、

聖霊に自分の想いをさらけ出してゆきつつ

その想いも、自分自身も、聖霊に預けてゆくことだと思います。

(今できる範囲内、できる限りで)




そして、


「兄弟が、本当は誰であるのか、どうか教えてください。」

「真実を教えてください。」と、願い出て沈黙。



もしも、できそうだったら試みてくださいね。




奇跡講座マニュアル編(中央アート出版社)

付録:祈りの歌

「セクション1.真の祈り」

P.5~8


ここらへんを、自分に教えるように少しずつ繰り返し読んでみて

メモをとってみると良いかも知れません。



のりこ




      




奇跡講座マニュアル編(中央アート出版社)

付録:祈りの歌

「セクション1.真の祈り」


S-1.1.4:1
真の祈りの秘訣は、あなたが自分に必要だと思っている諸事を忘れることにある。

5:5
祈りとは奉げ物であり、愛とひとつになるためにあなた自身を手放すことである。





☆一般公開中奇跡講座勉強会☆
動画一覧
https://www.youtube.com/user/norikoheart

☆真我なるハートホームページ
http://shingaheart.jimdo.com



.
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 救いの転換点 | トップ | 愛の表現 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2016-10-19 15:48:21
祈りの意味が分かった気がします。
無心になることですね(^-^)
自我を捨てること・・・。
難しいですね!
詩を書いています。
Re:こんにちは (のりこ)
2016-10-20 14:28:36
たにむらさん
はじめまして、こんにちは。

そうですね。
一切の「私」の想いを捧げてしまうと

真実だけが残りますね。

いつも、いつまでも
創造主と被造物だけがあった。
天国は失われていなかった。

ということに気がつくための
祈りですね。
いつもある精神統一 (宇宙天使)
2016-10-29 05:58:18
静寂とは行為(:すること)ではなく

ある

ということです

思考(エゴ)を消そうとする修行をしてる方々がおられますが

ところが実存しないものは消すことが出来ないのです。元々分離は無いのですから。

私や私からはじまる分離世界



分離という発想から生まれています

それはどのように癒されるのでしょうか

精神統一されていると気づくことによってです

この気づきがなければ

分離という信念は続くのです

‘私’がどうやって静か(精神統一された状態)にできるでしょうか

この最後の分離という信念に気づいて

ただ癒されていることに気づくだけでいいのです

それは

分離したものを排斥したり

精神統一させようと分離を信ずることでもなく(静かにしなければならない・想いを源にモドサなくてはならないというのでもなく)

精神統一(いつもある)に還っていると気づくだけでいいのです
Re:いつもある精神統一 (のりこ)
2016-10-29 11:39:59
なうさん
いつもありがとうございます。
いつもいつも
愛して下さってありがとうございます。
私も、あなたを愛しています。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。