It's◆セミナーらいふ

~神戸の研修講師が綴る 人生色々学びのダイアリー~

御年始

2018年01月01日 | 未分類

神戸は初詣に行き交う人々の足取りも軽やかに。

陽光青空拡がる年明けとなりました。

今年は戌の年。

歩けば棒に当たりつつ☆(^^)!


本年もよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷間の白菊

2017年12月30日 | 野に咲く花のように


この寒空の下。

足元、ひっそり咲いていました。

しかも、こんな崖っぷちに…(..)

たった五センチほどの茎にお花が三つ。

風雅にゆらゆら。

なんとも可愛らしい〜(^^*)

良いお年を♬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピラティスもなかなか

2017年12月10日 | 晴れ晴れスポーツ
ピラティスのレッスンを受けてきました。

柔らかいボールを使いながら。
身体中のコアマッスルを、伸ばしたり。

ひねったり、縮めたりして姿勢を整えていきます。

見た目には。

なぁんだ大したことない、と思ってしまうのですが。
いざポーズを取り組み、キープしてみると。

ぐぐぐ…
案外キツイです(^_^;)

エアロビと違って、動作がスローな分、ごまかしがきかない(笑)

でも、身体はすぐポカポカになります。

これからの季節にぴったりのエクササイズ。

がんばります〜♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただいま準備中…

2017年12月01日 | 歴史散歩
税務署へ行く道で。

久しぶりに生田神社の境内を通り抜けようとしましたら。

大道具小道具や作業打ち合わせの人がわらわら。


初詣の準備中なんですねぇ(^^)

今ではすっかり繁華街の一角ですが。

ここら辺りはかつて「生田の森」と呼ばれ、非常に深い森林で。

北は急な山、南は海浜が目の前と言うロケーションでした。

なので今でも海辺へ至る道は、「生田筋」といいます。

摂津と播磨の境にも近く、風土記にもちょいちょい出てきますが、織田信長配下の武将たちが合戦の舞台裏にしていた所でもあります。
昼なお鬱蒼とした森の中では、忍者も活躍していたことでしょう(笑)。


今は場所柄、観光客や商店の人がよく出入りするのを見かけますし。

ライブハウスのチキンジョージも、すぐお隣で。

昔の面影はほとんど感じられないのですけれど。

初詣用の絵馬の中に、深い森が描かれていました。


はてさて、来年はどんな年になりますことやら(^^)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍野散歩

2017年11月25日 | 歴史散歩
柿色の夕陽が山並みに映える龍野。

きらきら光る揖保川の水面を眼下に見ながら、大きな橋を渡れば。

白壁に瓦屋根と格子戸が続く播磨の古都は、オータムフェスティバルに繰り出した人々の賑わい。

着物姿の女性達もいて。

城趾公園では武具や時代物の衣装やアマチュアカメラマンの作品展もやってました。


水先案内人は中川女史です(*^^)(^^)/

童謡「赤とんぼ」作詞家、三木露風の記念館ものぞいたりすると。

詩人と言うよりも哲学者としての彼の横顔を、直筆の手紙からひしひしと感じます。


♪夕焼け小焼けの赤とんぼ〜と、口ずさむと。

浮かび上がる故郷の綺麗な山、綺麗な川。

もう会えない懐かしい人の背中。

家々が炊げる夕飯の温かな匂い。

目の前を滑るように飛ぶ紅葉色のアキアカネ。

ここでしか味わえない自然満喫の贅沢な休日でした ^^) _旦~~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加