.。.:*・゜★憲たま徒然日記.。.:*・゜★

国東半島・・・その昔仏教文化の栄えた仏の里といわれています
田舎生活の身近なことを気の向くままに日記につづります

椎の実

2016-11-12 06:04:24 | 日記

最近の子供たちは椎の実と言っても知らないでしょうね

私たちが小さい頃は秋になると

競って拾っていたものです・・・椎の実


すっかり忘れておりましたが

今の職場にその椎の木があり実が落ちていました

こんな大木です  


休憩時間に拾って持ち帰りました

15分ほどでこれだけ  

 


水洗いして浮くものは空なので捨て

沈むものだけをフライパンで炒ります  



香ばしい味がして美味しいですよ

久しぶりに子供の頃に戻った気分でした(^-^)



先日は種から育てたキャベツと白菜を畑に定植

 


手前の小さな苗がそれです

奥の方は苗を買って来て植えていたもの

こんなに大きくなっております 


キャベツは3回に分けて植え付けております

右手に見えているのはホウレン草と高菜


それらは間引きしながらいただいております


昨夜の月


月曜日が満月のようですから

月齢12日の月でしょうか


今が見ごろのアンスリューム  

 

寒くなってきましたがいつまでもってくれるのでしょうか



ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瀬戸内海よりの日の出 | トップ | 世界農業遺産の里 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (私が三人目)
2016-11-12 12:05:15
懐かしいですね、昔はおやつ代わりでした(^^)
Unknown (コーヘイ)
2016-11-12 12:44:53
椎の実はまさに秋の味覚ですね!
これはスダジイのほうですね!
縄文人の気持ちになって食べたことを思い出します。
いつも思うんですが
憲たまさんは写真撮るのがお上手ですね!
こんにちは (Miiのブログ)
2016-11-12 12:51:24
椎の実って どんぐりですか?
食べたこと ありませんが どんぐり 食べられるんですね~
昨日の お月様 きれいでしたね
こんにちは (はっちゃん)
2016-11-12 13:13:46
私はこの椎の実の味は知りません樫やどんぐりではないんですね
昔子供時代はこの時期よく山に入って野生の栗を拾ってきて食べました
14日のお月様は地球に一番近づくとかあいにくこちらは雨模様らしいです。
こんにちは (とんび)
2016-11-12 13:18:55
椎の実は 椎の木になるのは判るのですが・・・
コナラなどになる どんぐりと 区別がつきません
食べて事あるような無いような・・・

キャベツと白菜・・・育っていますね~
鍋の季節で~す
 こン晩は   (,九州のししさん)
2016-11-12 21:12:43
今年は椎の実できているのですね゜゜゜゜
この実食べてマル゜猪はふとりますね゜゜゜
今年はまだ椎の木の下にいってないですね゜゜゜
私が三人目さんへ (憲さん)
2016-11-13 03:58:57
おはようございます
食べるものがない時代でしたからね〜
子供の頃は生で食べていましたよ
コーヘイさんへ (憲さん)
2016-11-13 04:05:26
おはようございます
シイにも種類があるようですがこれは細長いスダジイのようですね
子供の頃には生で食べていましたよね〜(^-^)
写真ありがとうございます 最初の写真は仕事中なので携帯電話で撮りました
Miiのブログさんへ (憲さん)
2016-11-13 04:08:31
おはようございます
ドングリの兄弟でしょうがクヌギや樫の実とは違いますね
椎の実はもう少し小さいのですが苦くはなく美味しいのですよ
はっちゃんさんへ (憲さん)
2016-11-13 04:13:10
おはようございます
ハイ ドングリと兄弟のようですがクヌギや樫とは違いますね
椎の実の方が一回り小さいようです
今は野生の栗もイノシシに先を越されて人間の手に入らないのですよ
でもここの椎の実は柵の中なので大丈夫でした

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。