こげくまにっき
ペットのフェレットとの暮らしについて。
趣味の手芸(あみぐるみ)やハンドメイドの紹介ページ。
 




ご報告が遅れましたが、こげ子は2010年2月23日に(5歳7ヶ月)。
             
くま男は同年3月28日に逝きました(5歳4ヶ月)。

最期はこげ子もくま男も、自然に食べなくなり、2日後に行きました。
長く苦しまなかったのは救いでした。

土に還してあげたかったので、畑の隅にお墓を作りました。
こげ子とくま男のお墓は仲良く並んでいます。

このブログを通じて知り合った方々に、いっぱい愛していただき、こげくまも
飼い主も幸せです。
愛情のいっぱいこもったイラストや、作品から今も身近にこげくまを感じさせて
くれて、癒されています。
  

心からありがとうございました。

こげくまが逝ってからしばらくして書いた手紙を載せておきます。


「Dear こげ子 くま男へ」

会えなくなって、どれくらいになるかな。
でもね、今も目を閉じれば、「あそぼ!」ってぴょんぴょん跳びついて来るくま男、
それをじっと見ていてくま男が飽きた頃にそっと寄ってくるこげちゃんの姿が
はっきりと目に浮かぶよ。

いつも楽しいことを探して「生きてるってサイコー♪」って言ってるみたいな君たちに
どれだけの力をもらっただろう。

病気をして、手術をしたり、苦しいことも乗り越えてくれたね。
君たちは私にとって自慢の娘と息子です。

出会えて、共に暮らせて、本当に幸せだった。宝物の時間をありがとう。
やわらかくて、あったかくて、可愛い可愛い愛しい君たち。
これからも寂しくなったら、目を閉じて君たちを想うから、一緒にいてね。

永遠に 愛しています。


< ペットロス 愛しい子を亡くしたみなさんへ > 

笑ってない、眠れない、そんなときは早めに心療内科か精神科へ相談して
下さい。
いろんな症状があると思うので専門医の指示に従って養生して下さいね。
眠剤で眠れるようになるだけでも、ずいぶん回復してきます。
大切な我が子の喪失感、涙腺が壊れても、悲しすぎて感情が壊れてしまっても、
あたり前です。
決して自分を責めないで。
眠れるようになって、心のエネルギーが少しずつ戻ってきたら、大切な思い出を
少しずつ思い出せるようになりますから。大丈夫ですよ。


 
こげくまにっき完結編 おまけ 飼い主編
実は飼い主、実家へこげくま連れで帰り、旧姓に戻りました。
日々、いろんな人に助けられながら、生きております。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ