noriba-ba's garden

自然に囲まれたログハウスとナチュラルガーデン&趣味のある豊かな暮らし

ターシャのルピナス

2017-02-22 05:20:28 | ガーデニング

立春が過ぎたとは言え、まだまだ寒さが続いている。

早く暖かい春になってほしいのだが

じらされて、じらされて…

なかなか一筋縄ではいかないのが世の常だ。

 

でも、人間には感じられないが

植物たちには春の足音が聞こえているようだ。

 

昨年の秋にプランターに蒔いた何種類かの花の種。

その中で、なかなか発芽せず心配していたのが

昨年の旅でお土産に買ってきた

ターシャの庭に咲いていたルピナスの種。

ようやく芽が出たのが1月で

その後の生育も他の種に比べてずいぶんゆっくりだ。

 

 

ところが先日、見ると本葉が出ているではないか!

双葉の間から、あのルピナス特有の葉が

極めて小さいけれども、ちゃんと出始めていた。

これには感激!

 

 

ターシャの庭で育ったルピナスの種が

遠く離れた東洋の異国の地で

うまく育ってくれるだろうか…と心配していたのだが

今のところはまずまず順調な感じ。

 

この冬、2回も大雪に耐えたくらいだから

意外とたくましいのかも…

 

でも、この苗を地植えにしたら果たしてどうか?

ちゃんと花壇の土に馴染むだろうか…等々

この先も心配のタネはつきない。

 

まるで、我が子を心配する親バカみたいだね。(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬来たりなば、春遠からじ… | トップ | クリスマスローズは頑固者? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
花は子供ですよね (笑ばあちゃん)
2017-02-22 21:55:43
ターシャのお庭、こんな旅もあるのだと、
楽しませていただきました。
あの紫のルピナスが咲くのでしょうか?
大柄で華やかなルピナスも、
単色にすれば落ち着くのだと気付かされました。

旅の記録素敵ですね、
私の旅は風化したものがいっぱい。
ブログをもっと早く始めていれば・・・
写真だけでも整理しようかな。
手のかかる子どもです。 (noriba-ba)
2017-02-23 01:12:10
笑ばあちゃんさん。コメントありがとうございます。
ホント、花は子どもみたいなもの…それもとびきり手のかかる…(笑)
でも、だからこそ成長を見るのが嬉しいのですよね。
あの紫の花が咲くかどうか、まだわかりませんが…
咲いたらまた、このブログに載せますので、楽しみにしていて下さい。
笑ばあちゃんさんも旅がお好きなのでしょうか?
ぜひ、旅の記録を綴ることをお勧めします。
記憶が甦って来て、二度楽しめますよ!(笑)
また、遊びに来て下さいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL