noriba-ba's garden

自然に囲まれたログハウスとナチュラルガーデン&趣味のある豊かな暮らし

物思いにふけるネコ?ティーティーウー!

2017-02-12 09:56:37 | うちのネコ

我が家には一匹のネコが居る。

名前はティーティーウーと言う。

変な名前…と思われるだろうけど

ちゃんとした由来がある。

知っている人は知っているだろうが

知らない人は知らない。(…って、当たり前!)

 

この名前はムーミンに出てくる謎の生きもの。

スナフキンと夜の森で出会い

この名前を命名される。

それまでは名前を持たない生きもので

ボクは何もの?だったのが

名前をもらったことで初めて自分を自覚する。

つまりは自我の芽生え

アイデンティティーの確立がテーマの話だ。

 

うちのネコ、ティーティーウーは

そんないきさつは知ったこっちゃない。(笑)

今、7歳の彼は北海道で生まれた。

当時、放浪の果てに北海道に移り住んだ娘が

ある日、ホームセンターのペットコーナーの柵の中で

切ない表情と猫なで声で訴えかけてくる

まことにちっちゃな手のひらサイズの彼と

目と目が合ってしまったらしい。

そこからティーティーウーは娘のネコになった。

なので、名付け親はスナフキンじゃなく、うちの娘。

 

その後、娘とともに日本海の荒波をフェリーに乗り

ケージの中で船酔いでヘロヘロになりながら

一昼夜かけて舞鶴港に着き

そこから娘の車でこれまた乗り物酔いで

クタクタになりながら

ようやく我が家に辿り着いたという訳さ。

 

ネコにしてはどえらい長旅の経験をし

最初は手のひらに乗るくらい小さかった彼も

今ではすっかり大人の男になった。

惚れ惚れするような立派な逞しい体となり

家の中を我が物顔で闊歩している。

 

そんなうちのネコ

ティーティーウー(普段は略してティーウー)の

つい最近の暮らしぶりを紹介しよう。

ストーブの前でじーっと物思いにふけるティーウー。

凛々しい後ろ姿に孤独な男の雰囲気が漂う。

張り詰めた空気の中、おそるおそる声をかけた。

「ティーウー」

「ニャ~」と言いながら

すぐに振り向いた彼は物憂げな表情であった。

「ごめん、ごめん。呼んだだけ…」

そう答えると、すぐさままた後ろ姿を見せた。

そして、またストーブに向かって物思いにふける。

何か大事な考え事でもしているのかな…と

声をかけずにそっとしておく。

私はデスクに向かってパソコン作業を続ける。

しばらくして、ふと見ると…

こんなことになっていた!

次にまた見ると…

こんなことに!

さらには…

こんなふうに!

そして次には…

こんなことに!

またまた次には…

こんな具合だ。

極めつけはこれ…

まるで魚の開きではないか!

せっかくカッコいい姿を紹介しようと思っていたのに…。

こんなだらしない格好を見せちゃって。

 

すっかり大人の男…(それは合ってる)

惚れ惚れするような立派な逞しい体…

(いえいえ、太り過ぎてメタボがきている)

家の中を我が物顔で闊歩している…

(今はストーブの前でグウタラしている)

物思いにふける…(いや、おそらく何も考えていない)

凛々しい後ろ姿に孤独な男の雰囲気が漂う…

(ないない、漂ってなんかない)

張り詰めた空気の中…(全然ゆるゆるじゃないか)

物憂げな表情…(おやつ、まだ?だろ)

 

理想と現実のギャップは大きい。(笑)

人間もネコもみな同じ。

 

ターシャの旅の長い連載が終わり

さて次、何を書こうかと思案に暮れたあげく

何だか急にお腹の底から笑いたくて

うちのネコ、ティーウーに登場してもらった。

動物はいいよね~。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ターシャ・テューダーの庭を... | トップ | 今ごろ梅は…? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (guma)
2017-02-13 08:58:10
まずはお礼を申し上げます。
ターシャの旅をPCの前で
充分楽しませていただきました。
自分も一緒に行動しているかのように( ^ω^)・・・
有難うございました。
続編が欲しいぐらいです。(笑)

性格は真反対?なのに 嗜好のベクトルが同じ方向を向いているようで
時々覗かせていただいています。

取り敢えず、お礼が言いたくて・・・
ティーティーウー氏にもよろしくお伝えください。(⋈◍>◡<◍)。✧♡

こちらこそありがとう。 (noriba-ba)
2017-02-13 21:39:12
gumaさん、コメントありがとうございました。
自分の振り返りのために書いたような拙文を、最後まで読んで下さって感謝です。
世界中のガーデナーが憧れるターシャの庭に足を踏み入れた者の一人として、この感動をできるだけ多くの人たちにお伝えできればと思います。
うまく伝わったかどうか不安でしたが、gumaさんのコメントを読んで嬉しかったです。
これからもよろしくお願いします。
あ、ティーティーウーもよろしくとのことです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL