おしょうしな日記 Thanks 101

科学・技術をわかりやすい言葉で解説。「おしょうしな」とは、山形おきたま弁で「ありがとう」の意味。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ごうじょっぱり

2005-02-05 00:06:14 | お酒
今日の晩酌、おっきりこみを肴(さかな)に、ごうじょっぱりを飲む。

おっきりこみとは、秩父の郷土料理、おっ切り込みうどんのこと。
去年の秩父夜祭ではじめて食べた。

山梨のほうとうや、大分のだんご汁のように、平べったいうどんで、野菜たっぷりの煮込みうどんである。

ごうじょっぱりは、いただきもの、山形県東根市の六歌仙の米焼酎。うまい。おしょうしな。

【肴】 さかな
「さか」は酒、「な」はおかず。山形弁の玉菜(たまな)に似ていると思った。

キャベツ【タマナ(玉菜)、カンラン(甘藍)】: 日本での栽培は明治初年以降
■美しいキャベツ畑を行く・・(パッチ・ワーク): 嬬恋村内では、玉菜(たまな)とも呼ばれています
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一太郎:松下の特許はこれだ | トップ | 杉っこ?黒桃!どぼん »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ごうじょっぱり (nori_992-07)
2005-02-12 18:36:14
六歌仙の「ごうじょっぱり」

http://www.yamagata-rokkasen.co.jp/item/newsake.htm#3

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL