Joe884do

多趣味で暇~なオヤジのなんでもブログ

三脚スポンジカバー取り付け

2017年12月10日 | D.I.Y

先日、HARD・OFFで超格安で手に入れたカメラ用三脚『SLIK ABLE 300 EX』

このモデルの三脚のアルミのポールにはスポンジカバーの取り付けが無い

スポンジカバーが無くても使用する事は出来る

しかし、

冬の寒い時期にむき出しのアルミポールはかなり冷たくなる

また、持ち運びにはかなり辛くて肩に背負った時などは硬くて肩が痛い…(ー ー;)

そこで、

昨日ホームセンターに行ってアルミポールに取り付けるスポンジカバーを3本購入

同時に取り付け時に必要な潤滑スプレーとエアーダスターも購入

購入したスポンジカバーのサイズは、
内径約24mm×長さ約36cmを3本

まずは三脚のロックノブの最上部のナットを六角レンチで緩める

3本の脚のナットを外して伸縮部分の脚が抜けば準備完了

オヤジの場合は、取り付ける前にスポンジカバーを3,5cm程カットした

それは、ポール止めのナット部分のスペース確保と、
三脚の上部の三又金具部分がフラットな断面なのでカット面で綺麗に取り付けたいと判断

まず、エアーダスターで空気を送り込んでスポンジを膨らませて取り付ける方法を試してみた

ポールの穴をテープ塞いで

スポンジの先を取り付ける

反対側の穴を指で塞ぎながらエアーダスターで空気を注入…


しかし…

何度か試みたが、エアーがスポンジから抜けてしまうので断念…(ー ー;)

それならば、

まず、取り付け前に潤滑スプレーをスポンジの穴に噴射

ポール側にもスプレーしておいて取り付けると、
スポッ!とハメられる

ゴルフグリップの交換の要領と同じだ

注意点としては、潤滑スプレーは匂いのしないタイプを選んだ方が良い

スポンジカバー3本とも同じ作業をして、
ナットを六角レンチでしっかり締めれば完了

取り付けた上部の金具部分もキッチリとサイズが合って綺麗に仕上がった

でも…

潤滑スプレーを吹き付け過ぎてしまい、
スポンジ部分から潤滑剤が浮き出てしまった…

失敗だ…(ー ー;)

スポンジ部分を触ると潤滑剤が手にうっすらと付いてしまう

仕方なく、キッチンペーパーで潤滑剤を除去することに

しばらく様子を見てからやり直す予定…(ー ー;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイエット5ヶ月経過 | トップ | 再びの白鳥の郷へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

D.I.Y」カテゴリの最新記事