Joe884do

多趣味で暇~なオヤジのなんでもブログ

INTER STYEL 2018

2018年02月14日 | EXHIBITIONS

昨日の午後からパシフィコ横浜で開催中の展示会へ出掛けた

それにしても、久しぶりに横浜のみなとみらいへ来た事になる

昨年の9月に故郷の友人夫婦と鎌倉に行った帰りに立ち寄ったが、
混雑で駐車出来るパーキングが無かったので断念した時以来

いつ来てもクイーンズスクエア横浜から見える景色は華やかな街だ

クイーンズスクエアからパシフィコ横浜へは2階の軒続きで行ける

出掛けた展示会は『INTER STYEL 2018』

インタースタイルとは、

サーフ・スケート・スノーのボードカルチャーと、
アウトドア・自転車および、感度の高いセレクト系のファッションなどを中心とした展示会

そんな展示会へオヤジの会社からも自転車関連のブランドで出展をしており、
その展示会ブースに取引先を招いて商談の予定で出掛けた

バッグだけではなく、Tシャツやパーカー、キャップなども取り扱っている

ネット関連の取引先のバイヤーと午後2時にブースで待ち合わせ

一通り春夏の新作の商品説明をした

取り扱いはとりあえず生産する物は全て取り扱ってもらえる

と言うのも、バッグバイヤーなどは商品別にオーダーなどしないのが通常

取引条件が完全買取の商売ではないから、
取引先の在庫リスクは無いのでおまかせになる

商談後は他の気になるブースを見て周った

サーフ系やスノボ系、多いのはスケボ系

今年からアウトドア系のブースも新設された

ただ、あまり有名なアウトドアブランドでは無く期待がハズれた

夕方までは隣接するクイーンズスクエア横浜を視察

何やらクレージーケンバンド横山剣とシシド・カフカの大きな看板

SESSION!との文字が読み取れたが??

どうやら横浜のハウスメーカーの広告のようだった

今日の午前にも別の取引先の来客があったので展示ブースへ

海外向けのサイトの取引先のお客さんと商談

取り扱うブランドがアメリカ・ニューヨークのブランドなので、
新たにアメリカのamazon社への出店を要請した

国内のネット販売も落ち着いてきている感じで、
今後は海外に向けてのマーケットを開拓する
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展示会で渋谷へ

2017年10月28日 | EXHIBITIONS

かなり久しぶりの展示会に出掛けた

さらに久しぶりの仕事での外出である

出掛けた展示会は、繊研新聞社が主催する

『PLUG IN』

ファッション・雑貨・ライフスタイルの合同展示会

オヤジの会社からも自社ブランドが出展しているので視察で行った

過去にもこの展示会には数回来展している展示会で、
渋谷ヒカリエの9Fのヒカリエホールで開催された

出店規模は150社、来場関係者は5.000名…

来場者数は本当か?どうかは知らないが、
あまり来場が多いようには感じない

『上質な』ファッションとライフスタイルの展示会なのだが…

あまり『上質さ』を感じない…

オヤジの会社のブースで状況を聞いた

やはり、来場者は少なく午前中は閑散としていたらしい…

今後はこの自社ブランドでネット販売を開始する予定でいる

ネット販売以外の新規での取引先を探す目的での出展だ

状況を聞いた後は会場を一回りしようかと思ったが途中でやめた(ー ー;)

あまりにも程度の低いブランドが多く、
見る価値はまったく無いと判断

途中から順路をショートカットしてサッサッと帰ったほど…

それよりかは、ヒカリエの9Fから見える渋谷の街の様変わりが凄い

渋谷駅再開発事業は着々と進んでいるようだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DESIGN TOKYO

2017年07月07日 | EXHIBITIONS

7月5日から7日までの3日間開催中の展示会に出掛けた

総合雑貨関連の展示会としては大きな展示会で、
お台場のビッグサイトで行なわれた

いくつか行なわれていた展示会の『DESIGN TOKYO』に、
以前取引のあった知人が出展しているので尋ねてみた

その知人も同業種のバッグ関連のメーカーで、
起業する際にアドバイスした仲でもある

オヤジの会社の他部門で商売が出来ないかと、
前日に担当者を送り込んでいた

それはそれとして何らかの商売が出来そうな商談だったそうだ

今後は何か接点が出来れば良いが…

立ち話で短い会話だったが他の展示会も見たいので、
別会場で同時開催している『国際 雑貨EXPO』の会場へ

この展示会会場で目に付いたのが…

『DIGITAL SIGNAGE NEW 3D VISUALS』
立体的に動くデジタル型のネオンサイン

綺麗なデジタルサインが空中で立体的に動きながら写し出されるのがスゴい

広告もここまで来たか…って感じに思えた

それから、
前から気になっていたメーカーを訪問

ネット販売で撮影する機材を見た

『Photo Automation』

ネット販売で商品撮影する際に、
照明の加減で背景が白く映らない場合がある

プロカメラマンは違うけど…(^^;;

そうした写真では見栄えが悪いので、
後から写真加工ソフトで加工している

この写真加工が時間が掛かり煩わしい…(ー ー;)

しかしこの機材で撮影すれば、
背景のバックは白く写り、後から加工をしなくても済む

前々から仲の良い同業のショップの社長から、
こんな製品があると教えてもらっていた

ただ、機材自体の価格は250万円から400万円程する…

車を買うような価格だ…(ー ー;)

しかし、5年リースの方法もあるとの説明を聞いた

これは一度社内でリースでの契約を検討してみる価値はある

また、この機材で製品の360°の撮影が可能で、
ページを作るうえで画期的な画像が掲載できる

すでに大手企業などの製品紹介ページにはこの程度の進化は見られる

しかし、中小企業ではまだまだこれからといったところ

こんな機材を導入して、他社に差を付けたいね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IFF MAGIC JAPAN

2017年04月28日 | EXHIBITIONS

久しぶりにお台場の国際展示場のビッグサイト出来る行われていた展示会に出掛けた

『IFF MAGIC JAPAN』

アメリカのラスベガスで2月と8月に開催される
世界最大のファッション展示会MAGIC

日本の最大級?のファッションイベントIFFが業務提携して行われた

アメリカのMAGICは、
約5000社が出展する世界一のファッション展

この展示会にオヤジの会社からブランドが出展していたので、
状況を見るために来展してみた

いつもなら巨大なビッグサイト西館のフロアを全て使用しての展示会だったが、
一部のフロアは閉鎖されていていつもより規模が小さくなっていた

それも出展規模は700社なので、
全てのブースを埋め尽くすのは無理か?

これまでとは違うターゲットに向けたアパレルや雑貨が目立ったような感じ

ただ、GW前に行われる日程のせいか?
やや来客数が少ないような気がした…

一回りしてみた感想は、
以前のIFFよりはマシな展示会内容のように見えた

何でもあり!何でも売ります!
みたいなイメージが無くなったのは良い事だと思う

後はこの来客数の少なさで、
どこまで商談に持ち込めるか?

さすがに世界の展示会MAGICだけあり、
オヤジの会社のブランドブースに海外のバイヤーが来展

まぁ、頑張って売ってもらいたいものだ

展示会は忙しいから一回りしただけで会社へ帰社

っと、思ったが、

せっかくお台場まで来ているのだから、
帰りの新橋でちょっとお昼ご飯(^^)

新橋と言えば…

そう、末げんの親子丼!

年明けにビッグサイトへスポーツメーカーのファミリーセールの帰りに寄った依頼

ここ末げんの親子丼はいつ食べても美味しゅうごさいます(^^)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見る価値が無くなった

2016年09月16日 | EXHIBITIONS

5、6年前に…

いやもっと前に、アッシュペーフランス主催の総合展示会に出展した

『rooms』

クリエイティブな感覚のあるブランドが出展している印象で、
感覚の良いブランドが多く出展していた印象で、グレード感もけして低くはなくチープな感じは無かった

しかし、昨日に会社の別部署のブランドが出展していたので、
久しぶりにこの展示会へ出掛けてみた

代々木体育館を迷路のような通路で仕切られて行われており、
自社のブースまでは見たくもないようなブランドばかり

その間に、通ったアパレル関連のブースのチープなこと…

クリエイティブさの欠片もないようなブランドばかりで嫌気が差す(ー ー;)

服飾系の学生の延長のようなノリで作られた感覚が大嫌いだ

芸術作品とビジネスとは違う

芸術作品は評価されるだけで作者は満足出来るが、
ビジネスは売れて初めて評価されでブランドとして成り立つ

さらにその売上で我々は生活が出来ている

それを、学生のノリでビジネスするようなチープなブランドが多い

そんなブランドを、主催側はクリエイティブだと持て囃し、
出展してもらえれば出展料が入るから主催側は出展させる

だが、ここまで感覚のズレがあるのは、
主催側には別な理由があるのではないか?

この展示会自体に人気が無くなり翳りが見え、
出展側と来展客が減っているのだろう

そんな翳りの見えたつまらない展示会に落ち込んでしまったように見えた

まったく見る価値の無かったので、途中から見るのを止めてサッサと帰社した
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JFW-IFF展示会

2016年04月27日 | EXHIBITIONS

昨日、JFW-IFFの展示会へお台場にある国際展示場ビッグサイトへ出掛けた

年間に何度か展示会に来ているが、
TOKYO BIG SIGHTのサインがあるのを初めて知った(^^;;

社内からメンズの新規ブランドをデビューさせ、
初めての外部での展示会出展になる

その展示会の状況を確認するために出掛けた

JFW-IFF展示会とは

JFW(日本ファッション・ウィーク推進機構)が主催する、
IFF(インターナショナル・ファッション・フェア )である

JFW-IFFは2000年から始まり、
日本におけるファッションビジネスの最大級の展示会として開催

国内のファッション業界だけでなく、海外からめ出展があり出展数は450社

会場に行ってみて気になった事が

ビッグサイトの周りに人が少ない…

いつもなら、会場へ向かう人が多く歩いているのに、
初日なのにあきらかに人が少ない

入場の受付もいつもなら登録に行列が出来ているがスムーズにクリアした

それは会場案内を見て納得した

出展数450社だが、いつもより少なくて規模が縮小されていた

いつもならビッグサイト西館全部を利用して行われていたが、
今回は4階のフロアだけの開催になっていたからだ

出展しているブランドのブースに行ってみて状況を聞くと、
何社かのお客さんとコンタクトが取れたとのこと

中でも、香港のお客さんで海外での販売が出来ないか?との商談もあった

また他のアジアのお客さんも来展してもらったらしい

うちの会社のブース以外に興味があったのが、
デニム素材を扱うブースが多かったこと

単純にデニム製品を展示しているだけでなくて、
製品自体を二時加工している製品が多かった

中でも岡山のデニム加工会社では、ダメージジーンズの加工実演が見られた

味のある色合いになるようにサンドペーパーで色落ちさせたり、
クラッシュ感をディスクサンダーで削ったりが見られた

何かうちの会社でも利用出来ないかと名刺交換して、
いろいろと質問して話が聞けたのは良かった

自分なりにも、ジーンズ加工で自分だけの味のあるデニムが作れそうに思った

異業種だけど何か通じる所があるかもしれない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Spring & summer collection 2016

2015年11月11日 | EXHIBITIONS

昨日から、オヤジの会社では来年の2016年春夏展示会が始まった

例年の今までは、春夏秋冬と年4回の展示会を開催してきたが、
業界の流れから基本年2回の展示会開催に変更になった

展示会の回数が減る分、各2シーズンの企画を一気に見せなきゃならない

しかし近年の傾向としては、夏物と冬物の商売のあり方自体が変化し、
そのシーズンに向けた企画はあまり商品化しない傾向にある

また、6月に人事異動してかは初めての展示会でもある

しかし、以前のように展示会中の3日間で来るお客さんに全てに対応はしなくてもよくなった

その分だけ部署が変わったので楽になったと言える

展示会なので来年の春夏の新商品のサンプルが並び、
また新しい契約したブランドもお披露目になる

オヤジの担当する取引先は、インターネット販売を基本にした取引先

まだまだ発展し続けるインターネットビジネス業界

新たな取引先なども増えてきている中で拡大させていけるチャンスかも?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Autumn & Winter Collection 2015

2015年05月14日 | EXHIBITIONS

12日から始まった今年の秋・冬物展示会も今日が最終日

最終日の3日目ともなると、来客数もガクンと減り静かになる

昨日までに、日本全国から有名百貨店や専門店のバイヤーが多数来展

今年の秋・冬の新作を目にしてオーダーを付けてもらった

初日には、台風6号の影響が懸念されたが、
台風は13日未明に抜けてくれたので良かった

今回の展示会では、長年にわたり百貨店の営業時代に知り合ったバイヤーが、
関連する部署に戻ってきたので久しぶりに会う事が出来た

そのバイヤーとは、某大手百貨店の大阪店で知り合い、
歳が同じというだけで意気投合した

その後は、百貨店の常識で地方へ転勤が続き、転勤した先でも営業担当だった

次第に転勤した頃から音信不通になり、関連の無い部署へ異動していたが、
何年かぶりにオヤジの会社で取引のある店に戻ってきたとわざわざ訪ねてくれた

現在は、売場を統括するマネージャー職で、次期は部長候補

気の優しい西宮のボンボンで、この春から名古屋店に勤務している

お互いに携帯電話番号を交換し、Facebookの友達申請して承認した

いろいろと身の上話を聞いていたら、昨年結婚したらしい
しかも、奥さんのお腹には子供も授かったらしく幸せでいっぱいだ

オヤジと歳が同じだから今年53歳にして子供が産まれるとは(^^;;
オヤジからすれば孫と同じようなもんだけどね

次回は、勤務地の名古屋で再会を約束して飲む約束もした

それにしても、訪ねてきてくれた事が嬉しかった展示会だった(^^)

いや、まだ1日残っている(^^;;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3合同展示会

2015年03月13日 | EXHIBITIONS

昨日は社外の2015秋冬の合同展示会3つに出掛けた

まずは、渋谷ヒカリエで開催されていた服飾雑貨ブランドを集めた展示会

『PLUG IN』

上質でクリエイティビティ溢れるファッション・雑貨・ライフスタイルの展示会

主催は、業界新聞の繊研新聞社

出展ブランド数は、170ブランドを超える

アパレルやバッグ・靴、アクセサリーなどのレディス色が強い展示会

取引先でもあるバッグメーカーが出展していたので話を聞いたら、
あまり効果は無いとボヤいていた(ー ー;)

次に向かったのが、
渋谷ヒカリエから六本木通りを歩いて5分の場所にある、
ベルサール渋谷ファーストのB1Fホール

こちらで開催の展示会

『JUMBLE TOKYO』

”ごちゃまぜの語源”を意味する名の通り、ファッションや様々なプロダクト商品の世界観ある展示会

主催は、PROJECT JUMBLE事務局

こちらの展示会は出展数は多く、260ブランド近い

FBで友達のブランドも出展していたが、
忙しそうで挨拶程度だったが顔を見れた

メンズ色が強いイメージで、海外からも出展しておりセンスの高さを感じる

最後に行ったのが、
渋谷から青山学院大を横目に青山通りに抜け、
表参道にあるスパイラルホールで開催の

『MaG.』

「モノ」と「ヒト」が出会える新たな空間づくりを目指す展示会

主催は、MaG事務局

前々回は、代官山の鳳鳴館で開催されていたが、
前回からスパイラルホールに移して開催されている

先駆けて大阪展示会は、3月上旬に開催された

こちらのブランド数は若干少なく、78ブランドでアパレルが中心

中に、気になるバッグブランドがあり名刺交換させてもらった

女性ひとりで企画立案し、小ロットで商売をしていると言う

なかなか手の込んだ物づくりをしている所に惹かれた

また、ライフスタイルブランドとしてこの展示会でデビューしたと言うブランドも名刺交換

メンズブランドなのだが、アパレルから雑貨などまでをトータルに、
日本全国で有名な産地で作りブランドに当てはめている面白さがあった

今回、一気に3展示会を見て思ったのは…

雑貨関連では、益々レディス向けの企画が難しいと感じた

メンズかユニセックスでもあるブランドは多く、
本来のレディスらしさのあるブランドが少ない

それは、そのようなブランドが集まった展示会だからなのかもしれない

でも、本来のレディス向けビジネスは難しくなっているのは事実だ(ー ー;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

THE 79th TOKYO INTERNATIONAL Gift Show

2015年02月05日 | EXHIBITIONS

昨日から始まった第79回東京インターナショナル ギフト・ショー春2015へ行った

場所は、東京・有明の臨海副都心にあるビッグサイト

午前から昼過ぎまで打ち合わせがあったため、
少し遅い午後3時に入場

このギフト・ショーは、日本国内最大級の雑貨の国際見本市

日本国内からは、2416企業、海外からも197社が出展

2月4日~6日の3日間で、約20万人が来場する

広大な敷地のビッグサイト全館で開催されている展示会なので、
全てを見るのは限られた時間では到底無理

だから、各ブースをゆっくり見ている時間は無く流して見る事に

相変わらず人気のある展示会だけあって、
東西のイベントフロアは人でいっぱい(ー ー;)

屋外はかなり冷え込んで寒いが、屋内は異状な程の暖房の暖かさ(ー ー;)

見て歩いていると暑く感じ、コートやマフラーは着ていられないほど

今回の展示会テーマは、
『日本のおもてなしの魅力の全てを体験』らしい

一通り見て歩いた感想は、
特に目を引く物はあるようには感じなかったが、
テーマに沿った日本製をアピールする品物や、地方活性させる打ち出しが目立った

特に、日本の技術を海外に広めようと、
ブースには英語で対応する貼紙があったり、
また国内の販売先にも、インバウンドの海外旅行客に向けての製品のPRも多い

円安で海外旅行客が増えている現状、国内需要のプラス要素として皆同じ狙い

もし、為替が円高に進み海外旅行客が激減して、
尚且つ消費税が10%になったらますます景気は衰退するだろう

企業は企業なりに工夫をして売上を伸ばそうと努力は見えた

なんて考えて歩いていたら、西の空はすっかり夕日に染まってた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

91th TOKYO LEATHER FAIR

2014年12月05日 | EXHIBITIONS

昨日と今日、来年の秋・冬に向けての革の展示会が行われている

『第91回東京レザーフェア』

例年であれば浅草の都立産業貿易センターで開催されているのだが、
前回から浅草の施設を建て直しているため浜松町の産業貿易センターで開催されている

会社のメンズブランドのデザイナーを連れ添って来年の傾向を探りに行った

全国の革メーカー会社やら革を鞣す会社タンナー、
ヨーロッパのフランスやイタリア、スペインなどのからも出展している

秋・冬向けとあって温かみのある素材などが多いが、
最近の傾向としては高級志向に向けた素材が目に付く

例えば、
牛革の厚みのあるブライドルレザーや、馬革では馬のお尻部分のコードバンなど希少価値のある素材が多い

ブライドルレザーのブライドルとは、
馬具に使用される丈夫な革の事で、表面にブルームと言う白い粉(蜜ロウ)が付着している

一方コードバンなどは、
昔はランドセルなどに使われていた最高級の素材で、
馬のお尻部分からだけ使用される革なのでサイズは小さい

今では両素材とも、メンズサイフなどに使用され人気ある材質のひとつとなっている

うちの会社のメンズブランドにも、このコードバンの馬革を使用し、
来年5月に新しくサイフシリーズを展示会で発表する計画

それに使用するコードバン革のサンプル分を発注した

世の中は不景気続きで、安い製品はいくらでもある

少しでも希少価値の高い素材を用いて付加価値のある物を作らなければならない

そんな高価な品物を買えるほどの所得の富裕層になってみたいものだ(^^;;

いつそんな高給取りになれるのかなぁ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015春夏展示会

2014年11月11日 | EXHIBITIONS

今日から3日間、来年の春・夏展示会を開催する

先週から昨日まで、慌ただく展示会準備をして、
昨夜ようやく全てのサンプルが出来上がった

今日から3日間は、全国からのお客様の対応になる

5月にスタートした新ブランドも、
広告効果が出始めている

来春からは、デパートでも展開を計画し、
今回の展示会で商談を進める

不景気が続き、また消費税が増税されるかも?しれない

出来れば、もう少し景気が回復するまで延期してもらいたいものだ

さぁ、3日間頑張るぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ITALIAN LEATHER

2014年06月27日 | EXHIBITIONS

レザー大国イタリア

イタリアのトスカーナ地方で植物タンニンなめしで作られる革

その歴史は古く、
1000年以上の歴史あるタンナーもある

それらの革は丁寧に作られ、
使い込むほど革の深みと味わいが出る

特にヨーロッパの有名ブランドは、
イタリアの革を使用して作られているブランドが多い

そんな革は無いかと探していたら、
『見っけた!』とデザイナーから連絡

早速、その革を輸入している日本の代理店にお邪魔してきた

代理店と言っても、いろいろな革を卸売するメーカーで、
イタリアから直輸入して日本国内に販売している

イタリアの工場は、ミラノとヴェネチアの中間に位置し、
イタリア北部の中央部にある

そのイタリア工場だけのショールームがあり見せていただいた
壁一面には吊るされた革見本がズラリ

しかも、全52色もあって目移りしそうな色数だ

この中から、6色を選んで発注

ブルー、レッド、ピンク、イエロー、トープ、オレンジ

発色の良さは、やはりイタリアの水の良さと、
歴史あるピットなめし技術なのだろう

また、しっとりとした感触が革の良さが伝わる

しかも、発注してから48時間で日本に届くクイックレスポンスだ

それだけ在庫してあるという証拠でもあり、
ユーザーに対しても敏速に対応する姿勢には共感を得れた

これらの革でカラフルなバッグや財布を作るのだが、
元々この革は、ソファーなどにも使用されている革

ソファーなどの大きな物を作るためには大きな革が必要になる

こんな革で出来たソファーに一度座ってみたいものだ

きっと身体が吸い付くような感覚で座り心地良さそう(^^)

でも、狭い我家ではそんなソファーを置けるスペースは無い...(ー ー;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

90th TOKYO LEATHER FAIR

2014年06月20日 | EXHIBITIONS

第90回TOKYO LEATHER FAIRが開催された

年に二度開催される皮革産業の素材展示会

日程は、昨日と今日の二日間のみで、
例年なら東京・浅草の産業貿易センターで開催されていたが、
今回は浜松町にある産業貿易センターで開催された

来年の春夏コレクションとして51社・9団体が参加

すでにお世話になっている革メーカーのブースにお邪魔した

前回から、メンズバッグを企画しているので、
どうしてもワイルド感ある革をついつい見てしまう

今年のファッショントレンドでもある迷彩柄の革も充実

全体的に、春夏コレクションだからか?メッシュが目立つ

また、前回取引の始まったフランスのタンナーは来日しておらず、
今回はイタリアから4社出展しているだけだった

これら中から、かなり希少価値のある革をサンプルで依頼

アメリカで生産されている革で、
牛革の中でも最高級の革
なかなか使う人はあまりいないけどあえて使う(^^;;

来年用としてではなく、今年の年末に向けた財布で使用するつもり

またまた価値の高い素材を使い良い物が作れそう(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

interiorlifestyle TOKYO

2014年06月07日 | EXHIBITIONS

お台場のビックサイトに展示会を見に行った

『interiorlifestyle TOKYO』

インテリア ライフスタイルの展示会で、
4日から昨日まで開催されていた

世界から集まった『ライフスタイル』をテーマの展示会

特に日本企業は、Made in Japanを打ち出していた印象が強い

自分の仕事の業界とはまったく関係がないが、
ただ、参考になるビジネスがあるかも?しれないと思い行ってみた

展示会の内容は、生活に密着した家具や生活雑貨が中心

中でも、食器や家具などが多く出展されていて、
オヤジの故郷の陶器メーカーも出展していた

最近は、ショッピングセンターなどでもライフスタイルブランドが増え、
生活スタイルを提案しているショップが数多い

特に多いのが、ナチュラルカジュアルなイメージ感覚のブランド

自然素材などを用いて作成された生活雑貨などを販売する店舗を多くみる

ただ今ではナチュラル思考も少し飽きてきた感じがする

そこで無理矢理考えたのが、うちの会社のブランドで、
生活スタイルを提案するセレクトブランドを立ち上げられないか?と考えた

そのアイデアを膨らませるイメージを探したが、
どこの展示ブースもナチュラル思考が多い(ー ー;)

何かひとつのヒントから膨らませるられそうなのだが...(ー ー;)

そんな事を考えながら歩いていたら、クタクタに疲れてしまった

一度頭の中を整理して、じっくりとコンセプトを考えるとしよう(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加