のりピアノ

サラリーマン&ピアノ

いい音になあれ…

2017-05-17 | Weblog

そうぶん(三重県総合文化センター)に行って来ました。

ピアノ弾き込みボランティアをはじめて早いようで17年目になります。

なかなか入れない大ホールの格納庫に国内外のフルコンサートピアノを

弾く予定だったのが、急きょ中ホールで弾き込むことが決まった。

当センターではバリアフリーに力を入れているので、耳が不自由な方にも

楽しめるよう赤外線補聴システムを設置されています。

弾き込みにあたり申し込んでいなかったので、舞台に登壇するなり、

いつもお世話になっている舞台スタッフNさんの粋な計らいで設置してくださった。

大感激。

今回は補聴器を使用せず、WestoneのWST-ES60のカナル型イヤホンを

持参、しっかりと音量が出るようになったのにはびっくりした。

このイヤホンは3way6ドライバー(低音域×2、中音域×2、高音域×2)で、

ライブ感がハンパなく、高音域の伸びを感じ取ることができたのは

今回が初めてであり、ホールの音響機器を原音に忠実に再現してくれた

舞台スタッフNさんのおかげ。

弾き忘れのないようリスト順に従い、これ弾いた、

あれ弾いた、あ、忘れとった、いま弾かなくちゃとか

ピアノさんピアノさん、いい音になあれと

心を込めて弾き込みさせていただきました。

手を大きく広げ、終わった〜。

舞台が広すぎてピアノがミニチュアに見える。

腹へったので、ライズというレストランへ直行。

東洋軒のブラックカレー、ソフトクリーム、クレープで糖分補給。

あっという間の楽しいボランティアが終わりました。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーベリー納豆… | トップ | 辿り着いたマイク… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。