東京の電車乗りの日記

地方出身の大学生です。首都圏の電車ネタ中心にやってます

【小田急】1000形リニューアル車と2000形似ている問題

2017-04-19 20:22:38 | 日記
こんにちは。

今回は特集を組みます。
内容は『桜2017 後編』内で予告した通りです。
まずはこちらをご覧下さい。







見分けがつきますでしょうか。

1枚目:小田急1000形リニューアル車
2枚目:小田急2000形
3枚目:小田急2000形
4枚目:小田急1000形リニューアル車

です。

パッと見ではわからないくらいの似具合かと思います。

かねてより小田急1000形と2000形は「似ている」と言われていました。


小田急初のステンレス車にして、初のVVVFインバータ制御本格採用車として1988年に就役した1000形と、それをベースに扉幅を1.3mから1.6mに広げ(一部除く)、1995年に就役した2000形。似ているとはいえスカートの形状が違ったり、行き先・種別表示器が幕か3色LEDかの違いはあり、また、急行が完全10両化した今となっては8両編成の2000形が小田原線急行に入ることはなく、この顔で急行であれば確実に1000形、というふうに分けることも可能ではありますが、同一形式でも良いくらい。
小田急3000形の2次車迄と3次車以降の違いと大して変わらないのではとも感じます。



まあ、1000形と2000形ではドアの広さが違いますし(1000形<2000形<1000形ワイドドア)、内装も全く違うので、その点では他形式なのも頷けますが。

後に2000形の行き先・種別表示器が3色LEDからフルカラーLEDに換わり(2058Fを除く)、帯色が従来のロイヤルブルーから4000形で初採用されたインペリアルブルーに変更されました(2059Fを除く)。

さらに、2014年からリニューアル工事に突入した1000形のリニューアル後の姿がこちら。

インペリアルブルー帯、フルカラーLED表示器と共通項は数多いものの、スカートに決定的な違いがあり外観上の見分けは十分可能なレベル。

これである程度は見分けもついたかと思いきや、2016年、リニューアル工事を受けていた小田急1000形初の10両固定リニューアル車がこちら。

まさかのスカート形状2000形そっくり。


切り欠きの有無はあるとはいえ、
インペリアルブルー帯、フルカラーLED表示器、スカート形状と、前面で見分けるのに使っていたものが完全に一致。
唯一挙げるとするならヘッドライトが純白のLEDになったということくらいか。

ただ、このタイプの1000形(1095F、1096F)は10両固定編成、2000形は全て8両固定編成です。そして、1095F(元1056F+1256F)、1096F(元1052F+1252F)共に元々4+6両の編成を10両固定に改造しているので、6号車と7号車の間が若干不自然な感じになっています。

無論、内装は全く違うものになっていますし、その点ではすぐ見分けられると思います。

ここで気になるのが、「既にデビューから22年が経過した小田急2000形のリニューアルはあるのか」ということ。あるとするなら、おそらく前照灯LED化は間違いなし、スカートも1095・1096と全く同じになるような気がします。すると全く同じ顔になりますね(笑)。
前照灯LED化ならリニューアルでなくともやる可能性も十分あり。東急の9000系・1000系・2000系・3000系が総じてLED化したという例もあるだけに。

一方、着実にリニューアルを受けている小田急1000形。将来の小田原線・多摩線各停10両化を考えれば、4+6両→10両固定への改造を継続し、「1099F」までいくものと予想しています。現在6両(ワイドドアを除く)で残るのが1251F、1253F、1254F、1255F。10両固定編成の番号が残り3枠(1097F、1098F、1099F)であることを考えると6両編成1本が残る計算に(残すなら番号的に1251?)。それとも「1090F」なんて番号つくって4本ねじ込むかも(?)
そして6両と組まない(であろう)4両編成で残るのは1058F~1062F、1064F、1065F、1067F~1069F。うち1058F~1061Fは箱根登山鉄道のレーティッシュカラーです。

レーティッシュカラーの1000形もリニューアル対象。どんな姿になるのか注目(大体予想つきますが)。
残りは8両固定にするのか(1082F~(?))、1066Fなどのように4両のままでリニューアルするのか。4両ならば3000形6両との併結運転で10両編成にできますし、4両でのリニューアルが有力か。
もっとも、新宿発の各停が全て10両化する訳ではなく、2000形、3000形8両編成(3651F~3665F)のこともあるので従来の8両各停も多く残るとみられます。そうなると1000形4+4両による8両各停も残るかと。その場合、リニューアルした4両同士が連結できるのかどうかも気になるところ(今のところ4両リニューアルはいずれも3000形6両と組んでの10両編成で運用)。
8両固定編成の1081F、10両固定編成の1091F~1094Fはそのままリニューアルされると予想。スカートは1095Fと同じになるかと。

リニューアル完了は2021年度の見込み。それまでに未更新の小田急1000形を1つでも多く記録しておきましょう(^^)/

1052F。現在の1096Fです。

では、今回はこれにて。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青春18きっぷ、千葉制覇(?)の旅 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。