いばせんせいのブログ

愛車光岡ビュートのこと、趣味のドライブや博物館めぐりのこと、ネクタイのこと、などを書いていきます。

5月28日(日)のビュートオフ会、途中で待ち合わせが出来ます

2017年05月07日 12時08分46秒 | 車(ビュート)
5月28日(日)のビュートオフ会ですが、関西方面から参加される方で、会場への行き方が分からない方、ビュート同志連なって走りたい方は、途中のSA・PAで待ち合わせが出来ます。
また、東京方面から来られる方も、新東名高速~浜松いなさJCT~東名高速~三ヶ日JCTと通れば、西から来る私たちと浜名湖SAで合流が出来ます。

第二京阪道 京田辺PA 7:50~8:00
 ↓
名神高速 草津PA 8:30~8:40
 ↓
新名神高速 土山SA 9:10~9:20
 ↓
東名阪道 御在所SA 9:50~10:00
 ↓
伊勢湾岸道 刈谷PA 10:40~10:50
 ↓
東名高速 浜名湖SA 11:45~12:25(昼食)

待ち合わせを希望される方は、どこで合流されるかコメント欄に書き込みをお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビュートオーナーズクラブ初夏のオフ会のお知らせ

2017年04月29日 19時18分00秒 | 車(ビュート)
ビュートオーナーズクラブ初夏のオフ会のお知らせ

日時:2017年5月28日(日)13:00〜15:00
場所:渚園運動公園 駐車場(静岡県浜松市西区舞阪町弁天島5005-1)
参加費:無料(ただし、渚園の駐車場が有料(1回410円)なので、各自ご負担願います。

雨天決行(ただし荒天の場合は中止。中止の場合はこちらに書き込みをしますので、ご注視ください)

http://nagisaen.birukan.jp/
(↑渚園運動公園のホームページ。)

参加される方は、なるべく参加表明のコメントの書き込みをお願いします。
もちろん当日の飛び込み参加も大歓迎です。
『ビュート』と銘打っていますが、光岡の他車の参加も大歓迎です。

ビュートオーナーズクラブのステッカーを作りました。
初参加の皆様には当日お配りします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西日本ビュートオーナーズクラブオフ会無事終了しました。

2017年03月26日 22時31分54秒 | 車(ビュート)
本日の西日本ビュートオーナーズクラブのオフ会は、無事終了しました。

大阪、兵庫、岡山、愛媛、高知から合計8台の光岡車が集まりました。

ご参加くださった皆さん、お疲れ様でした。

そしてどうもありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月26日(日)の西日本ビュートオフ会 途中のSAで待ち合わせが出来ます

2017年03月06日 21時06分32秒 | 車(ビュート)
3月26日(日)の西日本ビュートオフ会ですが、関西方面・岡山・広島方面から参加予定で、会場への行き方の分からない方、ビュート同志連なって走行をしたい方は、途中のサービスエリアで待ち合わせが出来ます。

山陽自動車道 三木SA 9:35~9:45頃
 ↓
山陽自動車道 龍野西SA 10:25~10:35頃
 ↓
山陽自動車道 吉備SA 11:25~11:35頃
 ↓
瀬戸中央自動車道 鴻ノ池SA 12:00~12:40頃(昼食)
 ↓
瀬戸中央自動車道 与島PA12:50頃(会場着)

合流希望の方は、どのSAで合流するかコメント欄への書き込みをお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大手メーカーの人が、ビュートオーナーの意見を聞きたいのです、と

2017年03月03日 17時08分01秒 | 車(ビュート)
みんカラというSNSもやっているのですが、そこに、HONDA(本田技研工業)の商品企画部にお勤め、という人から、ビュートのオーナー様に取材をさせてもらえないか、というメッセージが届いたのです。

『今の車は、燃費や衝突性能など数値化しやすい領域は向上していても、数値化できない感性に訴えかける領域の商品性が進化していない、と思っていて、そんな時に街でビュートを見かけ、ビュートオーナーさんの意見を聞いて、何かアイデアのヒントにならないか、と思い立った』ということなのだそうです。

その方が埼玉県にお住いとのことなので、東京のビュートオーナーさんと連絡を取り、承諾を頂いたので東京のオーナーさんをご紹介をしたのですが、私にもどうしても取材したい、とわざわざ大阪まで出張をしてきて下さったので、待ち合わせをして会ってきました。

今の車は、『尖っている』『怒っているように見える』『どれも同じ顔に見える』と意見を述べたら、向こうも自覚をされていて、『今のカーデザイナーは、先進的・未来的というキーワードでしかデザインをしない。そこから脱却をしないので、デザイナーに噛みついたこともある』のだそうです。

でも光岡車に乗っている皆さんは、人の目を気にしない、人と違っていても平気、こだわりを持っている、芯が強い、個性がある…方がほとんどのような気がします。

ですから、集団からはみ出すのが怖い、人と同じだと安心する、というような、日本人気質、いわゆる、大衆・一般・普通、に当てはまらない、少数派の意見だと思うのですが、それを、売り上げ第一主義の大企業の中で通すのは、至難の技かもしれませんが頑張ってほしいものです。

小数派の意見でHONDA車に新しい風が吹くことを期待したいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加