ノルブリッツ北海道 パシオン日記

北海道サッカーリーグ所属のクラブチーム
マスコットキャラクター「パシオン」のブログ

天皇杯本戦

2017-04-29 | スタッフコメント
天皇杯1回戦
ノルブリッツ北海道FC 2対8 いわきFC(福島県代表)

FW 畠山
MF 有働(伊古田)、相木、土谷(三浦)、鈴木(小玉)
DF 土田、長谷川、永井、櫻岡、小野
GK 平加
得点者(アシスト) ~ 畠山(PK)、伊古田(相木、小野)

相手はJリーグで無敗の首位である福島ユナイテッドを2対0と内容も圧倒し、数年後のJリーグ参入へ向け、J1クラスのスポンサー数を有し、来年には21億円ものレストラン数軒併設のクラブハウスや人工芝グランドをてがけているいわきFC。強豪である。

開始からシンプルなプレーを心がけ、一進一退の攻防が続く。
前半2分に有働と土田のコンビネーションで相手ボールを奪ってチャンスを作る。前半5分に相木→畠山→有働がワンタッチで相手を崩したところを相手がたまらずファール。ペナルティエリアすぐ外からのFKは惜しくも壁にあたり得点に至らない。
更に長谷川の前線へのフィードに有働が飛び出し、相手がファール。土田のFKは相手GKが飛び出してパンチングで防がれる。
その後、逆にFKを相手に与えてしまうが、永井を中心としてDFがはね返し、スルーパスにも平加が飛び出して得点を許さない。

しかし23分、前線でパスをつながれ、中央から左へドリブルをしかけられシュートを決められる。
勢いを増した相手は26分にもミドルレンジでドリブルからミドルシュートを、29分には左コーナーキックから頭で決められる。
そこでノルブリッツはシステムを4-1-4-1へ変更して膠着状態となる。
しかし、終了間際の43分、右サイドからのクロスをおり返されダイレクトで、更に44分には中盤でボールを奪われてカウンターから5点目を決められて前半終了。

両サイドが完全につかめてないところより、システムを3-5-2に変更。
後半4分スルーパスに抜け出した畠山が相手GKと1対1となるも惜しくもゴールを外してしまう。
その後も相手ゴールを脅かすノルブリッツ。
前がかりになった後半11分、左からのクロスを頭で決められ、更に13分には中央の混戦から決められる。

後半15分には有働がしかけてシュートを放つがGKにファインセーブされる。
後半21分に途中出場した伊古田が前線の守備からボールを奪い、サポートに入った小野が相手をかわしてクロス、鈴木がヘディングシュートを放つもゴールポストをかすめて外に外れる。
更に後半28分には伊古田が長いドリブルでしかけ、最後に相手DFをスピードでふりきったところで相手がたまらず倒しPKを獲得し、畠山が冷静に決める。

後半37分に小野の素早いリスタートから小玉が抜け出して、クロスを上げるもGKにキャッチされる。
さらに後半41分には土田のFKに櫻岡が合わせるもゴールを外れる。
ノルブリッツペースで進んでいたが、右サイドカウンターから中央におり返されて決められる。
しかし、後半ロスタイムに小野からのボールを相木がダイレクトで伊古田へ。伊古田の絶妙な動き出しから、相手GKの飛び出すところを華麗にループシュートを決める。

更に勢いにのるノルブリッツだったが、畠山の飛び出しからサポートに入った相木へ出すも、シュートはゴールを外してしまい、試合終了となった。
システム変更にて、後半はシュート数でも相手を上回ったが、1対1の局面での競り負けが大きな要因といえるため、全国レベルを常に意識して、トレーニングにうちこんでいきたいと思っております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇杯北海道予選決勝戦 | トップ | 北海道リーグ開幕戦 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サポ)
2017-05-12 01:17:33
やはり山田、秋元、松田、小田のいたときの安定感は良かったです!

GKの小田がいた年は失点はしましたが全国大会に導いたのは小田の成績です!
小田和正なら知っとるで (とっぽ)
2017-05-12 13:03:42
小田の自作はいらんわワラ
てかしらんし

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む