のらやま生活向上委員会 suginofarm

自然と時間を、都市と生命を、地域と環境を、家族と生きがいを分かち合うために、農業を楽しめる農家になりたいと考えています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夜の家内はほがらに籾を摺る(松瀬青々)

2008年10月13日 | 今年の米づくり
12日、手賀沼トラストの古代米の籾摺りを我が家で行いました。
その際、木工の達人Sさんが見慣れぬものを持ってきました。



昔の籾摺りを真似て作ってみたというのです。
構造は米やそばを粉にする石臼と同じ。
溝をつけた下台と上台の間に籾を少しずつ落とし込み、
上下の台の間の摩擦で籾殻がはずれるというものです。



古い道具を一度見ただけで、
あとはこんなものだろうと推測しながらつくったものだから
なかなかうまくはいかないと
Sさんは謙遜していましたが、
それでも半分ぐらいの籾から殻がはずれていました。

昔の人はこういう道具をよく考えもしたし、
根気よく作業もしたのだろうと、
尊敬するばかりです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒なくて詩なくて月の静かさ... | トップ | 紅葉見や顔ひやひやと風渡る... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
膝ポン (首領ぐりお)
2008-10-16 23:00:22
おおっ!なるほど。
やはりこういうことになるのですね。
トラックバック有り難うございました。実に刺激的な情報です。
確かに形状は石臼のそれとほぼ同じですね。
あとは溝の深さとか傾斜なんかにもノウハウがあるのでしょうね。
また、本体にある程度の重みが無いと出来ない代物でしょう。
杉とか檜とか、針葉樹の材とお見受けしますが・・・
しかし、作ってしまうとは全く素晴らしいです。
半分の籾擦り率ですか。これでつぶれてしまう米が出ないのなら
魅力的ですね。
残念ながら (suginofarm)
2008-10-17 07:23:31
粉になってしまうものもありました。
そこは溝の形状、方向や上台の重さにノウハウがあるのだと思います。上台が重すぎたのではないかというのがSさんの見立てでした。

材質はたしかケヤキだったと思います。
ぐりおさんならつくれるのでは?
どうでしょう・・・ (ぐりお)
2008-10-17 23:45:08
似て非なるもの・・・ならできそうですが、
機能的にも用件を満たすものを作るには、
何度も試作を繰り返さないと難しそうですね。
しかし、エレクトリカルなものにはない
アナログな魅力を感じてなりません。
民俗資料館などを回ると、ヒントになりそうな
いにしえの実機を見る事が出来るのかも・・・
Unknown (Unknown)
2008-10-18 20:59:27
筑波の食と農の科学館に昔使われていた木臼が展示されています。
展示しているだけでなく、使わせて貰うことが出来ました。
試作品と並べて引き比べたところ壊れかかったものなのに、立派に仕事をしていました。
試作品は砕ける米が多くてうまくいきませんでした。
で、形を作り直しました。良くなりましたが、まだ少し砕けてしまいます。
食と農の科学館はどこ? (suginofarm)
2008-10-20 19:31:23
UnknownさんはSさん?
コメント、ありがとうございます。

筑波の「食と農の科学館」ってどこかの研究所の施設内にあるのですか。
見てみたいですね (ぐりお)
2008-10-21 23:08:20
今まで気をつけていなかったので記憶にないのですが、
籾すりの道具も当然いろいろあったのでしょうから、
各地の農具の展示で見る事が出来るのかも知れませんね。
Unknownさんの記述にある施設は
私も調べてみたいと思います。
他にも、私が記憶しているだけで旧石下町、旧出島村、
旧八郷町にも同じ趣旨の展示施設があったと思いました。
行楽がてら立ち寄ってみようかな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL