針穴カメラ(ピンホールカメラ)を用いて、肉眼では見ることのできない光景を追求しています。





大木靖子「血と宇宙」
制作:2017年3月28日
サイズ:50 cm x 50 cm
技法:ネガカラーフィルム,顔料インクジェットプリント,光沢画材用紙,刺繍糸


イタリアで行われるグループ展「女性の血 ー白い布に赤い跡 "Il sangue delle donne. Tracce di Rosso sul panno bianco" (The Blood of Women. Traces of Red o a white cloth) 」にて私の作品も展示されます。

この展示はイタリアのキュレータ,マヌエラ・デ・レオナルディスが,蚤市場で,昔,女性が経血のために使用していたイニシャル入りの布の未使用のものを見つけたことから始まりました。
私も彼女が買った布を渡されて作品を作り,4月から5月にかけて,クロアチアのギャラリー2か所で展示されました。

今回はイタリアのバーリのコンヴェルサノという町で,2017年6月25日から7月31日まで行われるそうです。
30点の作品が展示されます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 産経新聞に掲... 在廊予定 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。