野良猫岡山の糖尿病・奮闘記

糖尿病治療中の35歳です。5年目。糖尿病、糖尿病性神経障害、糖尿病性ケトアシドーシス、高脂血症、慢性膵炎、肝機能障害など

1型糖尿病にもメトホルミン

2017年06月19日 | ブログ

 

 

 英・University of GlasgowのJohn Petrie氏らは、成人1型糖尿病患者に対する心血管疾患(CVD)リスク低減を目的としたメトホルミン投与の効果を検証するREMOVAL試験の結果、同薬は長期的に有効である可能性が示唆されたと、第77回米国糖尿病学会(ADA 2017、6月9~13日、サンディエゴ)で発表、Lancet Diabetes Endocrinol(2017年6月11日オンライン版)に同時掲載した。

高CVDリスクの患者が対象

 海外では既に過体重の1型糖尿病患者に対して血糖および体重の管理を目的としたメトホルミン投与が行われており、少なくとも短期的にはインスリン投与量の減少につながることが示されている。しかし、この効果が長期的に継続するか、2型糖尿病の場合と同様の心血管保護作用を1型糖尿病患者でも期待できるかは明らかではなかった。

 今回報告されたのは、2011年12月~14年1月に英国、オーストラリア、カナダ、デンマーク、オランダの5カ国23施設が参加した二重盲検プラセボ対照試験。対象は40歳以上の1型糖尿病患者で、罹病期間が5年以上かつCVDリスクが高い428例。

 高CVDリスクは①BMI 27以上②HbA1c 8.0%超③CVD④CVDの強い家族歴⑤喫煙者⑥微量アルブミン尿⑦推算糸球体濾過量(eGFR)90mL/分/1.73m2未満⑧高血圧⑨脂質異常症⑩糖尿病罹病期間20年超―の10項目中3項目以上に該当する場合と定義した。

 対象をメトホルミン群(1,000mg /回、1日2回)219例、またはプラセボ群209例にランダムに割り付け、3年間のメトホルミン投与によるベースラインからの各種評価項目の変化を検討した。

 主要評価項目は頸動脈内膜中膜肥厚度(cIMT)の進展とし、測定は年1回行った。副次評価項目はHbA1c、LDL-C、eGFR、微量アルブミン尿および網膜症の新規発症、体重、インスリン投与量、血管内皮機能とした。さらに、遠位壁の最大cIMT、低血糖の頻度などを三次評価項目とした。

 対象の平均年齢は55.5歳、平均罹病期間33.8年、平均HbA1c 8.05%、平均BMI 28.5。34%がインスリンポンプ療法を受けていた。平均血圧は130/72mmHg、LDL-Cは85 mg/dL、患者の73%が降圧薬を、82%がスタチンを服用していた。

薬剤が直接に動脈硬化を抑制

 Petrie氏は「今回の結果からアテローム性硬化の進行が、メトホルミン群で有意に抑制されることが示唆されたが、HbA1c低下作用が短期間しか確認できなかったことを考えると、アテローム性硬化の進行抑制効果は血糖管理によるものではなく、白血球の作用の阻害、血管内皮機能の改善、終末糖化産物(AGE)生成の抑制などメトホルミンの直接的作用によるものと考えられる」とコメントしている。

 また、試験参加者の80%以上がベースラインでスタチンを使用していたにもかかわらずLDL-Cはメトホルミン群で有意に低下しており、体重減少と相まってアテローム性硬化の抑制に一定の役割を果たしていると考えられた。

 メトホルミン投与開始後のeGFRの上昇については、その臨床的意義を今後慎重に検討する必要があるとしている。

 同氏は「メトホルミン群で体重減少とインスリン投与量減少だけでなくLDL-C低下およびアテローム性硬化の進行抑制が確認された。今後、メトホルミンが心血管イベントに及ぼす長期的効果のエビデンスを明らかにする必要はあるが、2型糖尿病の場合と同様、1型糖尿病でも生涯にわたる心疾患リスク因子低減のためにメトホルミンが有用かもしれない」と締めくくった。

https://medical-tribune.co.jp/news/2017/0616509006/index.html?_login=1#_login


メトホルミン血糖降下剤を服用してる方、いらっしゃいます?(´・ω・`)

第77回米国糖尿病学会で発表されましたよ!嬉しい副作用!心疾患リスク低下!いいな~。



メトホルミン薬剤が直接に動脈硬化を抑制



だって。また、なんちゅう嬉しい副作用。以前も有りましたよね。


SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

 

 

今回は第二弾かな~(´・ω・`) 僕は、ジャヌビア「DPP4阻害薬」

 

DPP4阻害薬」には嬉しい副作用はないのかね!

 


至極簡単な話しで(´・ω・`) 

糖尿病性神経障害を発症して入院。20日間。その翌日にブログ立ち上げ。

20日 + ブログの開設1565日 = 1585日(発症より現時点まで)

1585日、糖尿病と戦ってます。(まぁ実際、そんなに・・・)


こいつらとは、寝ずに戦いました(´;ω;`)ウッ…痛くて眠れないのよ・・・。来る日も来る日も。

でも最近、見かけないのよ。4年ほど見かけたのにね。どこに行ったのだろう(´・ω・`)

 


今朝の血糖値です。84(mg/dl)です。日々の薬物治療のお陰ですね。

ただ心配なのは、160(mg/dl)になったり84(mg/dl)になったり。

ジェットスターかよー。俺の血糖値。

 


また更新します。皆様もご自愛ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抗PD-1抗体で従来と異なる糖尿病 | トップ | 学歴と心血管疾患リスクが逆相関 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む