野良猫岡山の糖尿病・奮闘記

糖尿病治療中の35歳です。5年目。糖尿病、糖尿病性神経障害、糖尿病性ケトアシドーシス、高脂血症、慢性膵炎、肝機能障害など

糖尿病の人は「膵臓がん」を発症しやすい 早期発見プロジェクトの成果

2017年03月15日 | ブログ
糖尿病の人は膵臓がんを2倍発症しやすい

 膵臓がんで亡くなる人の数は増えている。がんの医療は進歩しているが、膵臓がんは5年生存率は約10%と治療が難しいがんだ。日本でも毎年3万人以上が膵臓がんで亡くなっている。

 膵臓は体の深部に位置し、胃や腸、肝臓など他の臓器に囲まれており、がんが発生しても見つけるのが難しい。また、早い段階では特徴的な症状もない。そのため、胃がんや大腸がんのように早期のうちに見つけることは難しく、膵臓がんとわかったときにはすでに進行していることが多い。糖尿病の人では他の人に比べ膵臓がんが多いことが知られている。日本膵臓学会によると、糖尿病患者が膵臓がんを発症するリスクは、糖尿病でない人に比べ約2倍高い。

糖尿病は膵臓がんの重要なサイン

 糖尿病があることで膵臓がんになりやすくなるのか、それとも膵臓がんの合併症として糖尿病が出てくるのか、良く分かっていない。そこでフランスなどの国際研究チームが、2型糖尿病と膵臓がんの関連について詳しく調べた。研究チームは、ベルギーとイタリアで実施された、約100万人の2型糖尿病を対象とした後向きコホート研究の結果を解析した。

 その結果、がんを発症しなかった患者に比べると、膵臓がんを発症した患者は、短期間で血糖コントロールが悪化し、経口血糖降下薬をインクレチン関連薬やインスリンに切り替えた患者で多かった。

 「糖尿病は膵臓がんの重要なサインです。はじめて糖尿病になったときや、糖尿病の症状が突然悪化した場合は、背後に膵臓がんが隠れている場合があるので、注意が必要です」と、フランスのリヨン国際予防研究所のアリス ケックラン氏は欧州がん会議(ECCO)が公開したリリースで述べている。

急に血糖コントロールが悪化 膵臓がんが原因?

 調査の対象となったのは、ベルギーで2008~2013年に治療を受けた36万8,377人、イタリアのロンバルディで2008~2012年に治療を受けた45万6,311人の2型糖尿病患者。研究チームは大規模な処方情報データベースを分析した。膵臓がんと診断されたのは、ベルギーでは885人、ロンバルディでは1,872人だった。患者の50%は膵臓がんと診断された1年以内に2型糖尿病を発症していることが明らかになった。膵臓がんと診断された患者は、ベルギーでは25%が、ロンバルディでは18%が、90日以内に2型糖尿病と診断されていた。

 詳しく解析すると、服用している経口血糖降下薬をDPP-4阻害薬などのインクレチン関連薬に切り替えた患者では、その3ヵ月以内に膵臓がんと診断された割合が3.3倍に上昇した。また、経口血糖降下薬をインスリンにに切り替えた患者では、その3ヵ月以内に膵臓がんと診断された割合が11.9倍に上昇した。

 「糖尿病のある人が、急に血糖コントロールが悪化した場合は、膵臓がんが原因かもしれません。そうした場合は、医師に相談しがん検診で詳しく調べることをお勧めします」と、ケックラン氏は言う。

膵臓がんを早期発見し生存率を向上 「尾道プロジェクト」

 糖尿病は膵臓がんの重要な危険因子だが、日本膵臓学会によると、膵臓がんと診断された患者が、糖尿病の悪化をがん検診を受けた受診をした理由として挙げた割合は1.5%と非常に少ない。

 しかし、近年はがん検診の普及や検査法の進歩によって、膵臓がんの早期発見が可能になってきている。

 広島県尾道市で行われている「尾道プロジェクト」は、膵臓がんを早期発見し、がん生存率を大幅に向上するのに成功した例として、全国から注目されている。「尾道プロジェクト」は、広島県の尾道市医師会が、診療所と膵臓がんの精密検査ができる中核病院が連携した、膵がん早期診断プロジェクトだ。このプロジェクトは、全国に先駆けて構築された尾道独自の地域包括ケアシステムを生かしたもので、成果を上げている。

膵臓がんの検査は進歩している

 「尾道プロジェクト」では、糖尿病などの危険因子のある人に、かかりつけ医が「腹部超音波検査」を行う。

 「腹部超音波検査」(エコー)は、健診や人間ドックで膵臓を調べる検査としてもっとも一般的だ。膵臓がんを発症すると、膵体部や膵尾部の膵管の拡張が起こりやすい。この検査で膵臓がん自体はみつけくいが、簡便で患者の体の負担が少ないというメリットがある。かかりつけ医により、膵臓がんが疑われた患者は、中核病院で詳しい検査を受けられる。また、「超音波内視鏡」(EUS)検査は、超音波(エコー)装置をともなった内視鏡で、消化管の中から消化管壁や臓器などの診断をおこなう検査。胃カメラと同じように口から内視鏡を挿入し、先端から発生する超音波を膵臓に当て、がんがないかを調べる。

 EUS検査であれば、腹部エコーよりも鮮明な画像が得られ、2cm以下の小さいがんや、がんが見えない段階でも起こる膵管の異常を発見できる。

 プロジェクトでは、膵臓がんの危険因子をもつ患者の多くが検査を受け、それまで難しかった早期発見ができた患者が増えた。その結果、5年生存率は20%まで、3年生存率は20〜30%程度まで改善した。

少量の採血だけで膵臓がんを発見
 
 日本の金沢大学発のバイオベンチャー「キュービクス」は、少量の採血だけで膵臓がんを見つけだす新たな検査手法を開発し、金沢大学付属病院などと共同で臨床試験に取り組んでいる。金沢大医薬保健研究域の金子周一教授らが開発した膵臓がんを血液で診断する新たな検査キットは、がんの有無を血中にあるRNAという物質の量の変化を遺伝子レベルで測定する「マイクロアレイ血液検査」法を応用している。体の中に異物が入ってきたり、がん細胞ができると、体が反応しそれを排除しようとする。血液からの排除信号をとらえ、そのもとになるRNAの働き方のパターンを数値化して、がんを発症しているかを判定するのがマイクロアレイ血液検査だ。

 この検査方法であれば、CT(コンピュータ断層撮影)、MRT(磁気共鳴画像)、PET(陽電子放射断層撮影)でさえも見つけられない早期のがんを発見することができるという。

 検査費用は1回当たり3万~3万5,000円を見込み、2019年中の実用化を目指している。

 現在のがんの検診には、身体的負担、時間的拘束といった課題があり、地域によっては検診率が伸び悩んでいる。この検査方法であれば、血液だけの検査のため課題を解決でき、がん検診の受診率向上をはかれると期待されている。

 

「超音波内視鏡」(EUS)検査、つい最近行きました。年1回の検査で。広島まで。(´・ω・`)


膵臓がん。。。。

全くもって「俺じゃん」。もろ。慢性膵炎だし。重篤な糖尿病患者だし。。。

洒落にならない。34歳10ヶ月なのに。。。

でも消化器内科の先生には膵臓がん濃厚だってお! 予告ホームランかよwww

死因!俺の(´;ω;`)俺の・・・俺の・・・死因・・・。いつよ?????

 


このアミラーゼを調べることで、膵炎や膵臓がん、膵管閉塞などの兆候を掴む

アミラーゼは消化酵素の一種で、でんぷんなどの糖分を分解するはたらきがあり、以前はジアスターゼと呼ばれていました。おもに膵臓と唾液腺から分泌され、膵臓の病気などを発見したり、経過を観察するための指標として用いられています。
膵管閉塞が起こると、アミラーゼの流れが阻害されるため血中アミラーゼの上昇、遅れて血中濃度も増加します。そのほか膵炎や膵臓がんなど膵臓の病気でも変化が起こります。そこで血液と尿のアミラーゼを測定することで、それらの兆候を読み取ろうというのがこの検査の目的です。

アミラーゼはどのように検査するのか?

血清アミラーゼは血液を採取して、血清部分を自動分析器にかけて検出します。また、尿アミラーゼは採取した尿を自動分析器にかけて検出します。検査方法は色々ありますが、現在では酵素法と呼ばれる手法が主流となっています。

基準値と変動の範囲(酵素法)

血清アミラーゼ…60~250IU/l
尿アミラーゼ…100~1000IU/l

急性膵炎は激しい腰痛を起こしますが、この場合には、アミラーゼの値が平常の5~10倍に上昇します。発病から3~4日で血清アミラーゼは正常に戻りますが、尿アミラーゼは高値が続きます。回復期にもアミラーゼ値が変動することがあり、重症の膵炎や膵嚢胞を合併しているときは、経過の長引くこともあるので、2~3週間は続けて測定します。なお、急性膵炎はその他の膵酵素や腹部超音波検査、腹部CT検査とあわせて診断されます

慢性膵炎やすい臓がんは2~3倍の高値が持続しますが、慢性膵炎でも急性増悪期には急性と同じように上昇します。この場合には、上記の検査のほか、膵胆管造影、腹部血管造影、腫瘍マーカーなどの検査を行ない、診断します。急性耳下腺炎や唾石症などの唾液腺の病気でも血清アミラーゼは上昇しますが、ほおの腫れや顎の痛みなどで診断がつきます。また、胃・十二指腸潰瘍の穿孔、急性の胆管・胆嚢炎、腸閉塞、腹膜炎などでもすい臓が障害されたり膵液の排出が妨げられるため、膵型アミラーゼが上昇することがあります。劇症肝炎、糖尿病性ケトーシス、腹部外傷では唾液腺型アミラーゼが上昇する場合があります。

異常があったらどうするか?

異常値の原因となっている病気を発見し、その治療にあたることが第一です。ただし、マクロアミラーゼ血症や、特発性の高唾液型アミラーゼ血症などは治療の必要はありません。持続する軽度の高値のときは、慢性膵炎やすい臓がんなどが考えられますので、エラスターゼ1やリパーゼなどの酵素のほか、腹部超音波検査、腹部CT検査、逆行性膵胆管造影、腹部血管造影、腫瘍マーカーなどの検査を受けましょう。

異常な場合に疑われる病気

血清・尿ともに高値…急性膵炎、慢性膵炎の増悪期、すい臓がん、膵嚢胞、耳下腺炎、胃・十二指腸潰瘍、腹膜炎、腸閉塞など
血清だけが高値…マクロアミラーゼ血症、腎不全、高唾液腺型アミラーゼ血症など
血清・尿ともに低値…腎臓病末期、肝硬変、重度の糖尿病など

 

 

 


今朝の血糖値です。106(mg/dl)です。

インスリンうって、血糖降下剤飲んで~♪ この数値♪ 

インスリンを打つ針は「痛くない」って言うけど、あれ嘘!垂直に優しく刺せば上手くいくが、俺の場合、月に3箇所は青タンが出来る。何故かしら。これまた!

今も、1箇所青タンが....(´;ω;`)ウッ…



服用する薬が多くて・・・(´;ω;`)ウッ… 後期高齢者並・・・また薬剤性肝障害が・・・。

あと市販の「ビタミンB12」「コンドロイチン」とかwww もうねwww

 


また更新します。皆様もご自愛ください。

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK「ガッテン!」で小野... | トップ | 胆嚢がんで渡瀬恒彦さん死去…... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む