Okinawa,here I come!

このたび数年間、沖縄で働くことになった。17年ぶりの日本。浦島太郎ならぬ浦島花子が語る沖縄を披露!

ground turkey - ターキー(七面鳥)のひき肉

2016-09-17 | 違ってた
日本では 鶏のひき肉を使ったお料理がたくさんある
そのため、スーパーにいけば、簡単に鶏のひき肉が手に入る

アメリカに来て 困ったのが
鶏のひき肉が スーパーで 売っていないことだ
どこへいっても 見つからなかった

その代わりに 使えるなと思ったのが
ターキーである。ターキーといえば 七面鳥だが、七面鳥と書くと
なんか イメージが悪い
だから ターキーと書こう

そう、アメリカでは 最近特に ターキーのひき肉がパックになって売られるようになった
特に 私のひいきとする Trader Joe's では 何種類もの ターキーのひき肉が売られている

というわけで、私は 鶏のひき肉料理をするときは
このターキーを使っている
たとえば つくね。しょうがをすりおろして、卵と混ぜて 煮物などに入れている
しょうがの香りがなんとも 言えない

ところで 結局 アメリカで ひき肉というと
beef のひき肉である
つまり 牛肉のひき肉が一般的だ
このひき肉も Trader Joe's に行くと どの程度 つまり 何% リーン(lean )であるかが
記されていて それぞれのパーケージが異なる
たとえば 50%、89%、95% というようにだ
lead であればあるほど 脂肪分が少ないというわけだ

昔は 普通に買っていたら 火を加えるとすごい油が出てきて、余分は油は捨てたものだったが
今は もうすでに 脂肪分を取り除いたものが売られている

さらに ひき肉の話し

アメリカではひき肉と言えば 牛なので
豚の挽肉もめったに目にしないのだ
それでも たまにある

そして Trader Joe's でもやっと最近になって 真空パックに包装された 豚の挽肉が
店頭に見られるようになった

これがあれば、餃子、シュウマイ、春巻きの中身などが作れる
あえて アジア食品のスーパーまで出向くこともなく、便利になった

こうして 多くのアメリカ人が 健康を意識した食べ物を求めるにつれ
私はあえて アジアのスーパーに行かなくてもいろいろな食材が手に入るようなってうれしい次第だ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新学期に向けて | トップ | painting - ペンキ塗り »
最近の画像もっと見る

違ってた」カテゴリの最新記事