里山遊歩( デラシネの後始末 改称 )

かづの野遊び研究所

晴れた日は、野に、山に、川に、
部屋の中にとじこもっていてはもったいないもったいない。

あれはセイタカアワダチ草

2016-10-11 | 水辺にて

オオアワダチソウによく似たセイタカアワダチ草が、野中堂の近くに咲いていた。

いまではどこの温泉施設もきれいになっているが、忘れられた共同湯を巡っていた頃を想いだす。
花岡温泉が出来るまで、そのすぐそばの場所に、
「川原のゆっこ」とか「長森温泉」とか呼ばれていた湯小屋(画像・右上)があった。
土手から花岡川に迫り出した建物で、有合せの建材で造ったまさしく戦後のバラックそのものであった。
 
「富士には、月見草がよく似合う」といった作家がいたが、
あの懐かしい湯小屋とイダカアワダチソウ、よく似合いそうな気がする。




     
ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通りすがりの蕎麦 | トップ | 食材の一つ「天然マイタケ」確保 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水辺にて」カテゴリの最新記事