里山遊歩( デラシネの後始末 改称 )

かづの野遊び研究所

晴れた日は、野に、山に、川に、
部屋の中にとじこもっていてはもったいないもったいない。

イワナが棲まない流れに

2017-06-09 | 水辺にて

「田舎なれども鹿角の国は西も東も黄金の山」と唄われているように、
鹿角には尾去沢はじめ鉱山が多かった、その鉱山は、すべて廃鉱になったが、
上流に鉱山があった川では、いまでも鉱山の影響を受けて、魚がまだ棲まないところもある。
そんなことが言われてきた川の1つで、イワナが泳いでいる姿を見た。
枝沢に魚影が見られるので、その魚が本流に下ってきたのか。
鉱毒のため魚が棲まなかった本流にイワナが復活していた、そりゃあ喜ばしいことだ。




       
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミズ | トップ | タケノコ採りも事情はいろいろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水辺にて」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。