里山遊歩( デラシネの後始末 改称 )

かづの野遊び研究所

晴れた日は、野に、山に、川に、
部屋の中にとじこもっていてはもったいないもったいない。

熊の棲息地に人が踏み込む

2017-07-26 | 里地里山
 
青空も広がり、湿度も下がって、例年の梅雨の中休みのような気持ちが良い日。
先日の大雨で林道がどうなっているか気になり、不老倉鉱山跡まで12㎞をゆっくり走り様子を確かめる。
 
春先には5台×2段で保管していたクマ捕獲用檻が、今日は1台しかない、あとの9台は出動中らしい。
最近いろいろな集まりでクマが話題にのぼることが多いので、どこでもクマが出てきそうな気分になる。
「出た~」、鉱山跡からの帰路、上長沢を少し下った林道の脇に、やや大きめの子熊が2頭、
1頭はすぐに逃げていった、もう1頭は10mほど先で座ったままじっとこっちを見ている、
意外とかわいい、しばらく見とれていて、あわててカメラを向けたが時はすでに遅く、
ゆっくりと草むらの中に姿を消した、残念。




      
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花火大会 | トップ | 渓流も回復 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

里地里山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。