里山遊歩( デラシネの後始末 改称 )

かづの野遊び研究所

晴れた日は、野に、山に、川に、
部屋の中にとじこもっていてはもったいないもったいない。

お地蔵さま

2016-10-14 | 路傍の神仏

「鹿角の自然に抱かれて」のポスターを持って、隣接の市町をまわってくる。
 
八幡平からトンネルを抜け大葛を経て独鈷への道は、久しぶりに通る、よい景観のなかの道である。
その道には、森越・森合・炭谷・日詰・沢・独鈷・野開と、次々と現れる興味深い名の集落が続いており、
今日は、小さな祠や石碑を見落とさないようゆっくり走る、道路の脇からお地蔵さまや猿田彦が現れた。




      
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タカアザミ | トップ | 馬竜獅子、牛はどこ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。