魚沼日々好日

魚沼の素晴らしい、自然や小さい出来事や行事を写真で紹介します。

二八蕎麦

2017年12月06日 13時16分54秒 | 蕎麦打ち
念願だった蕎麦打ちを我が家で打ってみました。
初めての経験で、さすが十割蕎麦とは行きませんが、二八蕎麦で打ちました。
蕎麦粉は当地城内で栽培された新蕎麦粉で、エーコープで買ってきた物です。
初めての蕎麦打ちで、失敗覚悟で打ちましたが、其れが大成功でした。

二八蕎麦は蕎麦粉400㌘、中力粉100㌘、中力粉は、薄力粉と強力粉を半々で作る。
打ったのは私じゃなくて、娘婿のT君で私は側で見ていただけ。


初めての蕎麦打ち。
こね鉢は昔から我が家にあった物、木製でこね鉢の縁に300-と書いてある、確か50年くらい前に300円で買った物と思われる。
こね鉢に蕎麦粉と中力粉を振るいに掛けて水を入れて良く混ぜる。




こね鉢の中でこねる作業が大変です。




さすがT君こねるのは得意です。蕎麦打ちは初めてだけど、イタリアンの調理師で手打ちパスタやピザを打っているので、うまいものです。




こんな感じの鏡餅のようになりました。




手のひらで平らに伸ばす。




平らに伸ばし、綿棒でさらに薄くのばす。






さらに薄く伸ばす。少し蕎麦が切れて心配でしたが?



薄く伸ばした蕎麦を折って、まな板の上にのせる。



調理師のT君は切るのは得意、我が家には蕎麦を切るとき使う、こま板がない。さすが調理師上手に切ります。蕎麦切り包丁は前の金物屋からもらった物ですが、本物の蕎麦切り包丁です




上手く切れました。



茹でるのは私の担当で、ぼそぼそに切れるのか心配しましたが。
良くこねた蕎麦は上手く茹で上がりました。初めてにしては大成功の蕎麦打ちでした。


年越し蕎麦も手打ちで決まりです。













コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋餅会

2017年12月01日 13時34分10秒 | 秋餅会
城内の歴史と自然を愛する会主催の恒例の秋餅会が、11月26日(日曜日)に開催されました。
今年も行事が重なり、出席者は18名のお客様でした。
厨房のスタッフ(料理人)の心を込めた郷土料理に満足して頂きました。



秋餅会の会場の床の間の今年の花です。




秋餅会の献立表。




今日の料理、此に鯉汁と餅(雑煮)と手打ち蕎麦が列びます。



お客様が席について頂いて、秋餅会が始まりです。



会長の挨拶。




料理人の紹介です。



毎年出席して頂く顔なじみのお客様。



恒例の新米の餅つきが始まりです。






ついた餅と新蕎麦を堪能されました。



会場前からの、当日の八海山。


来年もスタッフ一同、心を込めた郷土料理を作りますので、是非参加をお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山古志 牛の角突き

2017年11月04日 08時54分58秒 | 牛の角突き
越後山古志 平成二十九年度牛の角突き、千秋楽
山古志の闘牛(牛の角突き)の千秋楽に行って来ました。
天気も良く最高の角突き日和でした。今年の千秋楽で観客も多くビールを呑みながら迫力ある角突きをノンビリ楽しく、観戦してきました。本日の取り組みは14番です。



闘牛場の入り口に道案内の旗です。



久し振りの闘牛場、まだ観客はまばらです。




のんびり戦いを待つ牛さん、目は鋭い。




今日の勢子の親方が場内を酒と塩で清めて、始まる。



本日の角突きを仕切る勢子の皆さん。



午後1時過ぎから角突きの始まりです。
最初の3番は、若い3歳の牛の角突きで、綱を着けての戦いです。





場内に、突然よく見かける方が現れました。先日の衆議院選挙で当選された、泉田前県知事現衆議院が牛の綱を引いての登場です。
この牛は故長島忠義衆議院議員の持ち牛で、長島さんの家族で育てている牛さんです。
故長島忠義さんの後を引き次ぎ、国会で頑張るとおっしゃっていました。




4歳以上の闘牛の始まりです。
さすが戦い慣れた牛の角突きは迫力満点です。




上手な写真ではありませんが、多少ぶれた方が迫力があります。











たまにこんな風景も。



鋭い牛の目、牛の前足の筋肉は鍛えられています。



こんな場面は観客も興奮状態です。







角突きは全て引き分けで終わりますが、勢子と牛の戦いです。
勢子は牛を傷つけず、上手に引き分けに持ち込みます。




山古志の角突きの千秋楽を見て、また来年の初場所に行きたくなりました。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸花

2017年09月28日 15時38分33秒 | 曼珠沙華
彼岸花


我が家の庭に、今年も見応えのある彼岸花(曼珠沙華)が咲きました。
写真撮影には最高の被写体です。毎年楽しみながら撮影していますが、なかなか思った写真は撮れませんが面白い。

彼岸花の花言葉。
情熱・独立・再会・あきらめ・転生・悲しい思い出・思うはあなた一人・また会う日を楽しみに
いろいろあります。

彼岸花の別名。
曼珠沙華(まんじゅうしゃげ/かんじゅしゃか)
死人花(しびとばな)
地獄花(じごくばな)
幽霊花(ゆうれいばな)
剃刀花(かみそりばな)
狐花(きつねばな)
捨子花(すてごばな)
毒花(どくばな)
痺れ花(しびればな)
天蓋花(てんがいばな)
狐の松明(きつねのたいまつ)
狐花(きつねばな)
葉見ず花見ず(はみずはなみず)
雷花(かみなりばな)
レッドスパイダーリリー
ハリケンリリー
マジックリリー
など(ネット参照)
いろいろと別名があります。


我が家に咲いた彼岸花。









蝶々と彼岸花。






夜、ヘッドランプの明かりで撮影。



ストロボ無しの、夜の撮影は難しい




台風の後は雨が降らず、昨夜から雨が降り、やっと水滴の彼岸花が撮影出来ました。





彼岸花の撮影は今日28日で終わりです。来年はどんな彼岸花が咲くか楽しみに待っています。









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

里芋の花

2017年09月24日 09時19分27秒 | 家庭菜園
里芋の花


我が家の菜園に珍しい里芋の花が咲きました。長い間里芋は栽培していますが、初めての出来事です。
今年の里芋は12個種を植え順調に育っています。花を初めて発見したのは9月9日です。何か里芋に黄色い物が見え近寄って見ると花の蕾でした、蕾は長く黄色い35㌢位の長い蕾です。
最初は一株でしたが2、3日したら2株目に花芽が出て、そして今日菜園に行って見ると3株目に花芽が出ています。最初に花が咲いた里芋は現在5個目の花が咲いています。今月の台風で葉っぱはちぎれ、見るも無惨ですが、花は現在も咲いています。


あまりにも珍しくネットで調べて見ると此が大変。
天変地異(てんぺんちい)の前兆と出ています。
てんぺいちいの意味をネットで調べて見ると。天変と地異。自然界に起こる異変。台風。地震。洪水などと書いてある。なるほど先日9月17日台風18号に見舞われ、南魚沼市は強風で被害はかなりありました。我が家も木が1本折れました。
此で終わりにしてもらいたい。



最初に見つけた里芋の花。




里芋の花の寿命は短く3日目には終わります。



最初に咲いた里芋の株は今は5本目の花が咲いています。



台風が来るまでは順調で葉っぱも大きく1㍍くらい育っていました。



台風のお陰で葉っぱはちぎれ無惨な姿です。




台風に負けず今朝の菜園では、花が咲いています。





今朝見つけた3株目の花です。


悪いことばかりか、必ず良いことの前兆でもあるよう願っています。
サトイモの花言葉
繁栄・愛のきらめき・無拓の喜び・ 花言葉は良いことばかり、期待出来そうです。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加