goo

お賽銭はいくらがいいのか?

 明けましておめでとうございます。

 12/29から始まった年末年始休暇も今日で終わりなのだ。多分誰もがそう感じると思うのだが、アッという間の7日間だったのだ。

 元旦には例年のごとく、宮町の福島稲荷神社で元朝参りだ。お参りにはお賽銭がつきものだ。お賽銭は毎年同じ金額だ。
 ところで、いくらお賽銭をあげるのが良いのだろうか?
 昨年末羽鳥真一の「モーニングショー」を見ていたら、良い金額として「25円」を挙げていたのだ。「二重にご縁がある」のだそうだ。なるほど。その前年にも同じようなことをやっていて、記憶にあるのが500円は駄目だそうだ。「それ以上効果(硬貨)がない。」なるほど。全て語呂合わせだ。縁起ものだから仕方ないのか。ちなみに、年末の福島民報にも記事が載っていて、お賽銭はいくらでも良いと書いてあったのだ。あげられたお賽銭で、神社の修理に使われるので、その人の気持ちでいいのだと。

 なんか、ちょっと真面目な内容になってしまったが、

  「今年も、こっつぁがねブログ書ぐがら、見でくんにゃ。」

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「おいらせ」... 昼食は美うら... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。