goo

巻機山登山。死にそうなくらい寒かったのだ。


10/9(日)は巻機山登山当日だ。朝目覚めると雨がザァザアと降っている。
「今、降ってっけど、9時頃小止みになって、お昼には止むっていう予報だがら、登るごどにすっぺ。」ということで、登山口のある桜坂駐車場へと向かったのだ。
駐車場に到着すると、数台の車が停まっていたのだ。そのうち何台かは登山を諦めて戻っていたのだ。私も少し考えていたのだが、「このくれな雨だごっちゃ。」ということで、6:20登山開始。




7:20、5合目着。雨の中の歩きなのに予定時刻よりも早い。
「案外早ぐ着ぐがもしんに。」




8:00、6合目着。
「こごまで来れば、あどちょっとだ。とりあえず、9合目を目指して行ぐべ。」




9:35、9合目(ニセ巻機)着。
「やっと急登が終わったぁ。雨も小降りになったし、あどはのんびりど山頂を目指すべ。」



9:45、避難小屋。
「雨で合羽が濡っちゃし、体も冷えできたがら、しばらぐ休んでんぺ。」
10分くらい休憩の後、山頂を目指し出発。
避難小屋を出ると、雨は完全に止んでいたのだが、強い風が吹いていたのだ。
「雨が降ってねくて良がった。とりあえず山頂」と歩き始めたのだ。ところがである。腕が痺れだしたのだ。指先の感覚も少し無くなってきたのだ。
「これって、低体温症?」
まずいと思いつつ、腕をグルグル回しながら、山頂を目指したのだ。



10:25、尾根分岐点。山頂標識はあるがここが山頂ではないのだ。このことは事前に調べたいたのだ。
「とにかく寒い。死んちまう。早く山頂さ行くべ。」



11:25、山頂到着。
「え、まさがこごが山頂?」
寒い。ということで、さっさと写真を撮り、避難小屋に戻り、リュックに入れていたダウンを着込み、体を温めたのだ。

 ちなみに、この巻機山登山で、日本百名山のうち30登ったことになるのだ。私の目標は33なので、もう少しだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 巻機山登山前... 巻機山登山翌... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。