*midnight coffee* ずぼら日記と読書記録

読んだ本の記録
& 時々日記
& 忘れた頃に趣味の話

■ 鬼の蔵 よろず建物因縁帳 ■ 内藤 了

2017-03-07 | 読書感想文
★★★★★   鬼の蔵 <講談社タイガ>

グイッと引き込まれました

空気感が、においが、伝わってくる!


これが『 BACK 』と同じ作者か、と思うほどの文章
 (気のせいか漢字も多いような…)

角川ホラー文庫から出てる 『 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 』 シリーズより
 全然、全く、正真正銘、真の ホラー  なのに
 だた恐怖をあおるだけのホラーじゃない


小さな村が必死で生きてきた歴史に潜む、いろいろな人の想い
 悲しみ、悔しさ、苦しみ、辛さ、切なさ・・・
怖さの向こうにある哀しさが浮き彫りになる

映画化、したら良さそう

 次作、『 首洗い滝 』 初夏が楽しみです! 



・・・ややネタバレ・・・


誰も悪くなかったはず、だけど・・・
自身の覚悟を踏みにじる行為に、神になり損ね鬼となってしまったオクラサマ
祟られる者の恐れと、祟るものの哀しみ

その歴史に真摯に立ち向かう春菜(はな)
イケメンツンデレのいかにもキャラの、曳き家師・仙龍
嫌な奴全開、設計士の「パグ男」

相変わらずキャラ設定、いいです
シリーズは春奈と仙龍の関係も進展していくのかな?

比奈子も陰惨な事件なのに、最後はホッコリ
春奈も命を懸けての恐怖だったのに、最後は無事浄化され爽やかに
そこはやっぱり作者の人柄なのかなぁ
 次作、早く読みたい!
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明治村2017『明治探偵GAME~... | トップ | ■ ファイアマンの遺言 ■ 秦 ... »

コメントを投稿

読書感想文」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。