*midnight coffee* ずぼら日記と読書記録

読んだ本の記録
& 時々日記
& 忘れた頃に趣味の話

■ 共犯レクイエム 公安外事五課 ■ 麻見 和史

2017-07-20 | 読書感想文
★★★◎☆   共犯レクイエム 公安外事五課  公安ものは、やっぱり好きじゃないかも 実際の公安がどういうものか知らないけど 少なくとも本やドラマなどでは  自分達は「国」を守る為の仕事をしている  だから   ・多少の犠牲はやむを得ない   ・違法捜査も当然   ・仲間すら信用できない   などなど 今作、警視庁捜査一課十一係(警視庁殺人分析班)シリーズの 麻見和史という事で、期待したん . . . 本文を読む
コメント

■ 首洗い滝 よろず建物因縁帳 ■ 内藤 了

2017-07-16 | 読書感想文
★★★★☆   首洗い滝 よろず建物因縁帳  『よろず建物因縁帳』 待ちに待った第2弾! 滝のヒンヤリ感、木々のうっそうとした感じなど 相変わらず肌に感じるような文章で引き込まれる ホラー度は表紙も含めて、こちらが増しまし! なのに 前作よりサラッと流れた感じで、ちょっと物足りなさが… なぜだろう? ・・・ややネタバレ含む・・・ 根底にある人の業、悲しみ、という点は同じだけど 今作 . . . 本文を読む
コメント

盂蘭盆会・お墓参りと鶴舞公園 蓮の花

2017-07-15 | 今日のcoffee
お盆という事で、お墓参り行ってきました 公園内にある花屋さんは1軒しか開いてなかったけど ホオズキが売っていてうれしかった 帰りに鶴舞公園へ 蓮池にピンクの花が咲いていた カメラマンもチラホラ 父がよく早起きして蓮の花を撮りに行ってたけど お昼過ぎても咲いているんだ      蓮の花に父偲ぶ。。。 それにしても暑かった . . . 本文を読む
コメント

■ OUT ■ 桐野 夏生

2017-07-14 | 読書感想文
★★★★☆   OUT  4人の主婦の性格・背景などがしっかり描き分けられ 一人一人の容姿、家の様子などが手に取るように浮かぶ 死体をバラバラにするところは、適度にサラッと流し エグさを売りにした本とは一線を画す 4人はどうなっていくのか? どんな「出口」が待っているのか? 読む手が止まらない! ただ終盤の絡みは、ある程度予想はしてたけど いかにもフィクション、な展開に それまでの堅実な . . . 本文を読む
コメント

これも断捨離効果(?)

2017-07-13 | 断捨離
リサイクルステーションへ 衣類のリユースをお願いしてきました またなかなか行けない町内会の資源ゴミ回収に ため込んだアルミ缶、紙なども出してスッキリ この勢いで、ダンボール3箱・ビニール袋5袋あった ぬいぐるみを と仕分け  泣く泣く(?) さよなら (T_T)/~~~ 梅雨の晴れ間に、コツコツ処分 そうしたら、しばらくぶりのいとこから電話 誤動作で発信しちゃったらしいんだけど ついでに . . . 本文を読む
コメント

断捨離再開したら、数年ぶりに友人から連絡が

2017-07-04 | 断捨離
引越しの度に物と格闘し、多くの物を手放したはずが またいつの間にか物があふれ・・・ さらに親との同居で、捨てられない親の物、たまる自分達の物 と部屋は物にあふれ、うんざりしていた時に出会った 『 断捨離 』 ある程度スッキリし、断捨離効果(シンクロ)も感じたけど あれから7年、またまた物があふれ返ってる。。。 最近 『老前整理』 『イラストでときめく片付けの魔法』 など片付け本をいろいろ読ん . . . 本文を読む
コメント

■ 忍びの国 ■ 和田 竜

2017-06-29 | 読書感想文
★★★◎☆   忍びの国   主人公の無門を 嵐の大野くん 妻のお国を 石原さとみ 演ずる  映画の宣伝を見て、本を読んでみた   「のぼうの城」「村上海賊の娘」の著者、初読み 第一章、いきなり暗殺に向かう場面で、緊迫感ヒシヒシ 第二章、やっと伊賀に 構成がうまい! ただ人の名前が頭に入ってこなくて 途中まで何度も前に戻り人物確認しながらで、時間がかかった 伊賀忍者の非情さに最初は戸惑ったけ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

■ まんがでわかる 伝え方が9割 ■ 佐々木 圭一

2017-06-23 | 読書感想文
★★★★☆   まんがでわかる 伝え方が9割  マンガでテンポ良く読めて、ポイントもわかりやすい 合間にポイントがまとめられていて、しっかり確認・復習 お願い事をするのにも、言い方一つ その言い方(言葉)にも技術があり 「3つのステップ」「7つの切り口」「5つの技術」として伝授 この本は「ノー」を「イエス」にかえる技術だから 日常会話のコミュニケーション能力を高めるものではないけど 自分の . . . 本文を読む
コメント

■ 夜の谷を行く ■ 桐野 夏生

2017-06-21 | 読書感想文
★★★◎☆   夜の谷を行く  桐野夏生 初読み 連合赤軍、あさま山荘事件 は、昭和の重大事件などという テレビ番組で見た事がある程度 この本を読んで、連合赤軍が赤軍と革命左派の共闘であること 総括は山岳ベースと言われる基地で発生したこと など、を初めて知った 実名も出てくる中で、どこまでがノンフィクションで どこからがフィクションか(主人公の西田啓子は架空)、私にはわからない 全くの知識 . . . 本文を読む
コメント

■ 京の縁結び 縁見屋の娘 ■ 三好 昌子

2017-06-19 | 読書感想文
★★★★☆   縁見屋の娘    2017年 第15回 『このミステリーがすごい!』大賞 優秀賞受賞 江戸時代・京都が舞台の伝奇小説 読み易い文章で、場面場面が手にとるように浮かび デビュー作なのに、すごい! あっという間に読了 ストーリーは予想通りの展開で、ハラハラドキドキは無いけど それでもラスト、ちょっとジーン そんなところからも、「ミステリー小説」というより 良質のラノベ、「時空を . . . 本文を読む
コメント

明治探偵GAME~探偵遊戯「四」終了 やっと「五」へ

2017-06-18 | 遊び☆おでかけ
「四」の仕上げ・・・ 入村後、バスに乗ってお目当ての場所へ 一目でわかりました  で、最終の地へ(当然ここまで行かないとね) 前回の反省を踏まえ、正門の方で合格のスタンプ →「五」購入 やっと「鬼」が手に入った \(^o^)/  (持ってる人見て、いいなぁ と思ってたの) 「五」は かくれんぼ …だから鬼のお面 最初の3つの謎を解いて、新たな手がかりをもらう  (ここまでを目標にスタート) . . . 本文を読む
コメント

■ 御手洗潔の挨拶 ■ 島田 荘司

2017-06-16 | 読書感想文
★★★◎☆   御手洗潔の挨拶  4編の短編集 長編は読むのがしんどいので、短編はうれしい 御手洗の過去や思わぬ趣味など、御手洗ファンにはたまらない1冊 【数字錠】 御手洗の意外な一面が コーヒーが飲めるのはいつの日か。。。 【疾走する死者】 スーパープレイにビックリ! こんな特技もあったのか 事件そのものは思わぬハプニングが不可解な事象を  にしても気になるのは「猿島で起こった不思議 . . . 本文を読む
コメント

山口県 『ちょるる』 物産展で会いました

2017-06-15 | 今日のcoffee
山口県PR本部長 『 ちょるる 』 頭と顔で「山口」になっているそうです 「ちょるる」の由来について聞いたら 方言で、語尾に 「…ちょる」 とつける事から 山口と言えば 1997年 NHK大河「毛利元就」を見て 「元就くんをたずねて…」をテーマに旅行に 夜行列車で下関まで ふぐを食べようと思ったら、朝早くてお店が全く開いてなく 駅弁が来るのを待ってふぐ弁当を食べたり 錦帯橋で「岩国 . . . 本文を読む
コメント

■ イラストでときめく片づけの魔法 ■ 近藤 麻理恵

2017-06-09 | 読書感想文
★★★☆☆   イラストでときめく片づけの魔法  米国「TIME」誌 世界で最も影響力のある100人に選ばれた 今やアメリカでも大活躍のこんまりちゃんの本、初読み テレビとかで『 ときめく 』というキーワードは知っていた  捨てる基準が「ときめくか」「ときめかないか」  ときめかない物は捨て、ときめく物だけに囲まれて生活しよう   という事と解釈していたけど・・・ この本を読んで、ちょっとビ . . . 本文を読む
コメント

■ 斜め屋敷の犯罪 改訂完全版 ■ 島田 荘司

2017-06-06 | 読書感想文
★★◎☆☆   斜め屋敷の犯罪 改訂完全版  読みだすと数ページで睡魔が襲い進まない しかも読んでも読んでも御手洗が出てこない この1冊を読むのに2週間かかってしまった トリックの大仕掛けには 一言「参った」  \(||_ _)/ ただ、リアリティとか気にしちゃいけないんだ …多分 トリックの為のトリック、本格推理小説の為のトリック なんだ …多分 面白くないわけじゃないけど、面 . . . 本文を読む
コメント