世界を旅するシャンパンブレイク

30年以上JAL国際線客室乗務員としてフライトし現在癌の治療中。お酒大好き旅が大好き趣味はランニング~

機内で殴り合いアメリカ人の男への仲裁が絶賛されたCAとは?

2017年05月06日 | 客室乗務員を目指すあなたへ
飛行機は水際対策が必要、大切です。

機内で殴り合いに割って入ったCAの勇気ある行動が絶賛されています。

ユナイテッド航空の乗客引き摺り下ろし事件の後だけに注目されたのでしょうが

忘れてはいけないのが、客室乗務員の重要な役割の一つが、保安要員だということです。

機内秩序を保つ

飛行機の機体のトラブル発生時や、乗客が身の危険にさらされるような突発的な事件の際など、保安要員としての適切な判断と沈着な行動がもとめられます。

一度離陸したら引き返したり緊急着陸したりということは難しく大変な事態です。

特に国際線の場合は路線によっては洋上飛行で、緊急着陸できる空港が無いこともあります。

だからこそ水際対策が重要

客室乗務員、この仕事がほかの接客業と大きく異なる面が保安要員だということなのです。

搭乗するとドアで出迎えてくれ、上空では飲み物や機内食のサービス、免税品の販売

これはあくまで「正常に運航されている」場合に限られます。

今回のケース

あくまでも絶賛、称賛で終わらせてはいけません。

搭乗口のゲートでの地上スタッフの目と飛行機のドアの出迎え時の客室乗務員の五感が足りなかった可能性が大きいと思います。

泥酔者は搭乗できないはずですし・・・・・・

ますます気軽に乗れるようになった飛行機

この事件がきっかけとなって、もう一度水際対策ということをを考えてほしいと思います。






ぽちっとプリーズ    m(_ _)mお願いします

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へにほんブログ村

blogramで人気ブログを分析



やっぱりJAL ぜんぜんちがう!JALに乗って世界を旅しよう~

1回のショッピングで2回マイルがたまる!


JAL日本航空 JMB WAON


JAL日本航空 JMB WAON クレジットチャージ

JALのホームページが新しくなりました。

JAL日本航空 JMB WAON クレジットチャージ

JAL 日本航空

 JAL日本航空 JMB入会

 JAL日本航空 先得
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ANA機内で殴り合い、CAの対応 | トップ | 胃がん術後の症状ダンピング... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

客室乗務員を目指すあなたへ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL