時々、キモノでお出かけ♪

キモノ好きの主婦。キモノのコト、コドモのコトなど徒然なるままに。

立山博物館・まんだら遊苑~曼荼羅の地獄へ

2012-06-25 18:32:24 | レジャー
日曜、かねてから行きたかった立山博物館・まんだら遊苑へ。

立山曼荼羅の世界を五感を通して体感できる、まんだら遊苑。
ユキノシタが茂る坂道をくだり、布橋を渡る。
布橋、橋板の数は108枚。
他にも宗教的な数を関連させて造られている。


いよいよ「地界ゲート」。
ビビる小鞠。


閻魔堂へ。さらにビビる。


内部は残念ながら撮影禁止。
地獄百景・音階閻魔(閻魔の憤怒の声の梵鐘)。
餓鬼の苦しむ声、鬼達の叫び。

最初はダンナの後ろに貼りつき、および腰で歩いていた小鞠。
「すっごく楽しかった!もう1回行く!」
なんと3回も入っていた。
予想どおり。
怖い怖いと言いながら、子供はこういうのが大好き。

外に出ると、餓鬼の針山。


地唸鬼(じてんき)。
底を覗き込んで声を出すと、地界に響き、野太い鬼の声になって反響しながら返ってくる。
面白くて、色々叫んでみる母子。
「宿題はさっさとやれー」
「ビール飲みすぎやー」


水窟(すいくつき)。
地獄の蓋を覗き込むと、地獄の寒さを伝える5種の匂いと音が聞こえてくる。
うんこらしょ。
重い戸を開けると、なんとも良い香り♪


水泡鬼(すいほうき)。
鬼の憤怒が気泡となってブクブクブク。


八寒地獄のもっとも恐ろしい地獄をイメージした精霊橋。
常願寺川の河原に突き出している。
風が強いので、それなりに怖い。


橋の先端の鐘は、現世復帰への救済の鐘。
カーン♪

地界を抜けると、天界へ向かう陽の道へ。
続く。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナイトZOOその2☆ムササビモ... | トップ | 立山博物館・まんだら遊苑2~陽... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。