時々、キモノでお出かけ♪

キモノ好きの主婦。キモノのコト、コドモのコトなど徒然なるままに。

大エルミタージュ美術館展☆

2017-05-20 10:09:55 | 文化・芸術
ミュシャ展の後、歩いて六本木ヒルズへ。
お次は森アーツセンターギャラリー
マリーアントワネット展では小鞠の手を握り締めて耐えた、52階(涙)へのエレベーター。
覚悟して一人で乗り込み、入口近くの壁に頭をもたせかけ、目をつぶって耐える。
二度目なので少しは慣れた、かもしれない。

「大エルミタージュ美術館展~オールドマスター西洋絵画の巨匠たち」☆
会場にはまず、エカテリーナ2世の肖像画。
なんと嬉しい、「平日のみ撮影OK」サービス♪

 
女帝エカテリーナ!
戴冠式のローブをまとった女帝!
クーデターで夫ピョートルを追いやり、ついに即位した33歳の日の姿。
・・・33歳?
随分貫禄あるような。漫画(もちろん池田理代子『女帝エカテリーナ』)とはやっぱり違うな・・・
さすが最強の女帝。
デコルテも脂がのって輝いている。

ミュシャ展と違ってそこそこの人出で、存分に楽しめた。
ティツィアーノ、「冷たい視線が惑わせる」クラーナハ、ルーベンス、レンブラント、ブリューゲル。
昨秋~今春のクラーナハ展のキャッチコピーは記憶に残る秀逸さ
「エルミタージュの名画を鑑賞しているのは、私とネズミだけ」BYエカテリーナ2世
さすがエカテリーナ(←こればっかり)。

オフィシャルサポーターは又吉直樹氏。


又リョーシカ。
ラサール石井にも似てないだろうか?


チェブラーシカも。
 

出口の撮影スポット。


「こいつらをどうやってまとめろっていうんや」感満々な指揮者=フクロウが楽しい「鳥のコンサート」
フツーな可愛さに意表をつかれた「聖母マリアの少女時代」
静かに楽しめて素敵な展覧会でした。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュシャ展☆ | トップ | 母の日☆2017 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。