時々、キモノでお出かけ♪

キモノ好きの主婦。キモノのコト、コドモのコトなど徒然なるままに。

節分と雛飾り等☆

2017-02-13 17:06:59 | 折り紙・飾りなど(図書ボランティア含む)
1月2月のMYへなちょこハンドメイド飾り。
(備忘録)

まずは節分。
2月3日が終われば即撤去。
日にち限定のイベントモノは何となく気分がせわしなく、作る気力が若干(?)薄まる。
季節関係ない動物モノなぞをいくつか「つなぎ」として作り、そのまま知らんぷりのつもりだったが。
ありがたくもリクエストをいただいた。
鬼・・・
本にあった鬼のイラストを少し参考にして、(いつもながら)適当にエイヤッと絵を描く。
その絵を見ながら、色画用紙をチョキチョキ。
鬼のパンツの柄はどんなんやったっけ?
こん棒こん棒・・・小鞠が小5の自由研究で変なこん棒の絵を描いていたな・・・
「泣いた赤鬼」を思い出しながら作る。
赤鬼はヤンチャな弟系♪
青鬼は優しいお兄ちゃん系♪
おへそまで色画用紙で作る必要なかったワ
これで勘弁してもらいましょ。



ついでにスキーしている雪だるま。
本では顔も色もない真っ白の雪だるまだったけれど、それではコドモにはわかりにくそうなので付け足し。
なんか斜面とか土台の紙がゆがんでる(汗)

そしてお次はお雛様。
お雛様は可愛いから作り甲斐がある♪
丸くて玉子みたいなのが可愛いかな~と思ったが、これだと男雛の髪型がどうしても「おじゃる丸」になってしまう。
ええい仕方ない!おじゃる丸でもええわ!
「水戸の梅」のお菓子箱の中箱がおあつらえ向きに赤だったので使用。
女雛の扇についている紐は、七夕の短冊用のこより(マジックで色を塗る)。
雪洞(ぼんぼり)はやっぱり立たせなきゃ。



粗が目立つと小鞠に厳しく突っ込まれたけれど、ちゃんとお雛様に見えるやん☆
某所に飾らせてもらってます。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永青文庫☆「仙厓ワールド」へ | トップ | 早春の鎌倉へ☆その1~八幡宮... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。