野の花ガーデンblog

野バラが大好きのんのんです。江戸時代に咲いていたような古いバラに興味を持っています。

アクリル毛糸のケンティフォリア

2010-02-28 17:22:36 | 編み花
八重の野ばらを編んでいて、ふっと思いついたので、
今度はもっと花びらの多いバラに挑戦してみました。
ロサ・ケンティフォリア〈百枚の花びらの意〉です。
といってももちろん「そんな感じ」というだけですが・・。

ケンティフォリアといえば絵画に描かれるバラのイメージですよね。
そんな中心が濃いピンクの花のイメージで編んでみました。


このバラの編み方は今までのようなしべはありません。
中心からぐるぐる花びらを編みつけていくアクリルたわしのバラを、
ちょっとだけ発展させてみました。
淡いピンクの花びら部分が、野ばらの花びらの編み方です。


花びらもこれくらいが限度ですね。
なにしけ毛糸が太いので、花びらの繊細さを表現するのは無理です。
つぼみの数もちょっと省略。



後姿にはこだわりたいところです。
私は花よりも後姿が好きかなぁ、
反り返ったガク片や丸いガク筒を眺めては、おもわずにっこりしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の始まり | トップ | 菊花茶というツバキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

編み花」カテゴリの最新記事