野の花ガーデンblog

野バラが大好きのんのんです。江戸時代に咲いていたような古いバラに興味を持っています。

アクリル毛糸の八重の野ばら

2010-02-26 17:28:40 | 編み花
今まではひとえの花ばかりを編んできましたが、
ちいさなバラの花びらの表現方法がわかったので、
それにもう一段追加したら八重咲きの野バラになるかなと思って
試してみました。


右端の白い野ばらが基本の編み方のカニナです。
その編み方で花びらを増やしてみました。

花芯は低くして、色をピンクにしてみました。
ここまでは紅い野ばらと同じです。
八重にすると花芯の部分がくぼむ感じになりますね。
何バラというイメージはないのですが、ブルーローズも編んでみました。
花芯のピンクと合いますね。



横から見たところです。
左が2段に花びらをつけたもの、右が一段で枚数を増やしたものです。
どちらも厚みがでてバラらしい華やかさがでてるかな。

今はまだどんなに編めるかを試している段階なので、
これから何バラにしていくか考えてみます。
とりあえず、たくさん編んで房咲きのイメージにして
ハイブリッドムルチフローラやウィクラーナ系のバラにしようかなぁ、、なんて。
その場合のつぼみはころんと丸いタイプですね。
つぼみもいろいろ編んでみて、
葉も縁がぎざぎざしたのや、小さくて枚数の多いものなど、
いろいろ試して個性をだしたいです。
同じ毛糸なので、どうやれば違いが感じられるようになるか、
そこが楽しいところですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四季咲きのバラ | トップ | 春の始まり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

編み花」カテゴリの最新記事