野の花ガーデンblog

野バラが大好きのんのんです。江戸時代に咲いていたような古いバラに興味を持っています。

実生ブルノニー№3

2017-05-26 21:20:13 | バラの実生
2014年の発芽苗に、超!思いがけない花が咲きました。
〈お母さんはつぼみがうぶ毛に覆われるやさしいタイプ〉

葉の時は似てなくて、どちらかというとチャイナ系?
でも見えたつぼみがうぶ毛で覆われていたから

ホッとしました。


のぞいた花びらが濃い(*_*)です。



しかも、咲いたのは半八重でした。


香りはほのかで、もしかしたらティー系?
バラの香りもするけれど、、


めしべはブルノニーと同じですね。



翌日には退色してほとんど白になって

〈咲き始めの花とのコラボ〉


閉じたり開いたりしながら5日くらいすると

めしべの付け根が赤くなったりして、
1週間してもまだ茶色くなった花びらが残っていました。
ぱっと散るタイプではなかったんですね。

数輪だったけど、一週間が長くて楽しかったです。
来年はもっと大きく育てて、花がたくさん咲いたところを見たいなと思いました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンの野バラも | トップ | カナダの野バラ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (toki)
2017-05-26 23:55:12
この花を見てブルノニーの子供なんて想像できません。
少しショックです。
名前不明のバラを観察すればお母さんが分かると信じて、実生苗の観察頑張っているのに・・・・

シンステラの特徴の雌しべが長い所と、
花持ちが良い所とうぶ毛だけがお母さんから受け継いだんですね。
実の形はお母さんに似るのかな?
柔らかい花びらで優しい色合いのバラが生まれましたね。おめでとうございます。
樹形などどうなるか色々気になります。
tokiさん実生は (のんのん)
2017-05-27 18:51:40
ほんとに不思議ですね。
こんな花が咲いて、ビックリしました。

花持ちがいいのは切り花に向くということですね。うれしい性質です。
大切に育てて、どんな樹形になるか観察を続けますね。実も楽しみです。

コメントを投稿

バラの実生」カテゴリの最新記事