野の花ガーデンblog

野バラが大好きのんのんです。江戸時代に咲いていたような古いバラに興味を持っています。

アクリル毛糸の白い野ばら

2010-03-08 15:30:20 | 編み花
アジサイの花を編みつけて房を作っていたら、
ノイバラにも応用できるかもしれないと思いつきました。
前回のノイバラがいまいちだったので、
再挑戦です。


憧れのロサ・フィリペス・キフツゲートの写真の上に乗せて

「白い房咲きの野ばら」といっても
花びらの形も花柄の長さもいろいろありますね。
今回は房の作り方の研究なので、とりあえずガクと茎を編んで構成してから、
花びらはいろいろに編んで様子をみてみました。
芯の色も変えています。



憧れの雑誌に載せてみたり・・



憧れのページに置いてみたり・・

この写真に写っている白いバラ、気になります。
窓の外にこぼれるように咲く、白い大きな房のつるバラ、
何かなぁ。。
本には花の名前はなくて、
横にThe house and garden at St. Catherine's Court near Bathと書かれています。


・・・あ、話がそれましたね。
肝心の房の様子はというと、


ひっくり返してみたところです。
花びらの様子はまだこれからいろいろ試していきたいと思っていますが、
房はこんな感じでいけそうですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オープンガーデン | トップ | 冷たい雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

編み花」カテゴリの最新記事