野の花ガーデンblog

野バラが大好きのんのんです。江戸時代に咲いていたような古いバラに興味を持っています。

ヒメテリハノイバラ

2015-05-28 22:47:26 | 庭のバラ初夏
山で見つけたテリハの野バラたちの続きです。

研究者のМさんに「ヤブイバラ」と言われれたバラ達いろいろ

ちいさな鉢で同じように育ててみたら比較しやすいかと思って
ロサ・オノエイコーナーを作っています。
これはその一角、あと3倍ほどあります。


地元の研究者の方はこんな小さなテリハのバラを
「ヒメテリハノイバラ」と呼んでいたらしい、、


小さな葉と小さな花、「ヤブイバラです」と言われれば、
そうかなぁと思ったり
這いまわったり立ちあがったりするので


ヒメテリハというのが合ってるような気もします。


こちらは、少し遅れて咲き始める大きな花のタイプ

こうなると「テリハノイバラ」でしょうかね。

でも蕚に腺毛があるのです。

そして香りが、!!
レモンのような柑橘系の香りを含んでいます。


蕚に腺があるといえば、思い出すのが斑入りのテリ葉のバラ

これはロサ・ルキアエ・ヴァリエガータと名札がついていました。
ヤブイバラ系という意味でしょうか、
なかなか、ふくみのある名札ですね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あじさいが咲き始めて | トップ | テリハの季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。