野の花ガーデンblog

野バラが大好きのんのんです。江戸時代に咲いていたような古いバラに興味を持っています。

六年目の春

2017-04-20 22:42:02 | バラの実生
ハマナス系の実生株にやっと、、


つぼみが見えてきました。

と言ってもまだほんの少し、、

蕚片の先がのぞいているだけですが
うれしくてうれしくて(*^_^*)


この実と一緒に頂いて蒔いたタカネ系は

今日から開花です。
夏越しできて、つぼみが一杯あって、、
夢のようです。



野バラの実生は時間がかかることが多いのですが、
早いものもありますね。

ロサ・ダヴィディ(グリーンさんのタネから)

3年で咲いたという花のタネを頂いて
蒔いてみたらスクスク伸びる子で、もうつぼみ・・
ホントに早いですね。

私もあの時グリーンさんからタネを頂きましたが
生まれた子はもっと小さな葉で、なかなか育ちません。
同じタネでもいろいろ違う性質があるんでしょうかね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スポンタネア赤も | トップ | せとうち美術館 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (toki)
2017-04-23 23:17:52
私も一株だけ蕾が付きました。
のんのんさんの苗は親の葉より長いように見えます。
花も違うかなととても期待してしまいます。

タカネ系のお花育てているオオタカネに姿や花や開花時期がよく似ています。
早咲きで素敵ですよね大好きです。

今パークスが満開でウットリしています。

tokiさんこんばんは (のんのん)
2017-04-24 19:54:06
実生の苗につぼみがつくと嬉しいですね。

このダヴィディはスクスク伸びるタイプで、葉の先が尖っていて、さらさらしています。
お母さんとはまた違うタイプに育つかもしれませんね。

タカネ系は花鳥の実です。オオタカネでしょうか。
日本のバラでは一番の早咲きですね。
今年は実が残ってくれたらいいなと期待しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。