私の花便り

四季折々の花訪ね歩き
M175

ミヤマウグイスカグラ

2007年04月30日 | Weblog
深山鶯神楽:別に深山にあるわけではない。
県下の山地に自生する落葉低木。
春淡紅花でその後紅熟。









m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リュウキンカ

2007年04月29日 | Weblog
立金花:立性で黄花だから。
県北西部・北部の山間湿地に自生する多年草。
初夏に黄色の花を付ける。数は少ない。






m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイカオウレン

2007年04月28日 | Weblog
梅花黄連:花に白い花弁状の萼片があり、中心部に黄色の小さな
花弁が集まって梅の花のように見えるからこの名がある。
県北山地に点々と自生する多年草。数は少ない。






m175の画像掲示板

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ハルトラノオ

2007年04月27日 | Weblog
春虎の尾:花期と花穂で付けられた名前。県北部北西部に自生する多年草。







m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スズメノエンドウ

2007年04月26日 | Weblog
雀野豌豆:カラスノエンドウより小さいのでスズメを当てた。
野原や道端に生える1~2年草。







m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラスノエンドウ

2007年04月25日 | Weblog
烏野豌豆:道端や畑、空き地など日当たりのいい場所に生える2年草。
スズメノエンドウ、カスマグサなど同じような環境に生える草があるが、
カラスノエンドウが一番大きくて豆果の中に種子が5~10個入るが、
スズメノエンドウは2個、中間のカスマグサは4個の種子が入るのが標準らしい。





m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクラソウ

2007年04月24日 | Weblog
桜草:花が桜状から来た名前。
県北部、中西部の山原湿地に点々と自生する多年草。
サクラソウには雌しべが長い花と雌しべが短いタイプがあって
同花受粉を防ぐ構造になっている。





m175の画像掲示板
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キビヒトリシズカ

2007年04月23日 | Weblog
吉備一人静:岡山県で最初に検出されたが、東京以西に自生する多年草。
ヒトリソズカより少し遅れて咲き花糸も長い。
花全体の長さも長く、葉に光沢がない。





m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コガネネコノメソウ

2007年04月22日 | Weblog
黄金猫の目:鮮やかな花色からついた名前。
県北部の山間湿地に自生するが数は少ない。






m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボタンネコノメソウ

2007年04月21日 | Weblog
牡丹猫の目:花時牡丹のように美しい。
県北部の山間湿地に自生する多年草で、
春に暗赤褐色の花を付ける。




m175の画像掲示板

コメント
この記事をはてなブックマークに追加