私の花便り

四季折々の花訪ね歩き
M175

ユキワリイチゲ

2007年02月28日 | Weblog
ダムが出来たお陰で道路がよくなりました。
道端に咲くユキワリイチゲ、花が良く育つように草刈をしてあります。
ロープが張ってあって入らないように。



階段の右下のコンクリートで四角に仕切られた中にも沢山咲いています。



花びらのように見える十数枚の弁は「がく片」で花びらではありません。







「がく片」が白色のものは珍しい品種です・。




m175の画像掲示板
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

セツブンソウ(変り花)

2007年02月27日 | Weblog
 今回は、変り花を集めてみました。
まずは色違いで白色。花弁のように見えるのは萼片である。


標準的な花は、五枚の花びら。この中に六枚以上の花がいくつかあります。


少しピンクがかかった花で花びらの形も変わっている。



これは一本の茎に二つの花がついている。一茎二花


ピンク色がかかっている。





m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユキワリソウ

2007年02月26日 | Weblog
本来のシーズンには早いがもう咲き出した。全山真っ白になるのはまだまだ先になるだろうが、
待っているものにとってはうれしい状況である。
同じように見える花も色違いやシベの色が違ったり無かったり、20種類以上の花があるそうです。

















m175の画像掲示板



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ノボロギク

2007年02月25日 | Weblog
野原に咲くぼろぎくの意、野襤褸菊と発音だけ聴くと可愛そうな命名かもしれない。
本来の花期は春から夏だろうが、最近では年中見られ、写真でも判るようにツボミもあれば散りかけたのもある状況である。
しかし花の少ない冬に花を見せてくれるのはうれしい。
















m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セツブンソウ(新見市豊永)

2007年02月24日 | Weblog
前夜の雨で花びらが透きとおって見える。



標準的な花は花びらが5枚。





古くなったから花びらの色がくすんだのか色違いか。


これは完全に色が違う。花の色も葉の色も違う。




m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユキワリイチゲ

2007年02月23日 | Weblog
 太陽が好きな花のようで、天気が悪いと花を開かない。
晴天続きでいい花を見せてくれたが、例年より早い所為か草丈が短く花びらも短い気がする。









m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セツブンソウ(田殿)

2007年02月22日 | Weblog
神社の境内に咲くセツブンソウ、例年私の知る場所で一番遅い開花の場所であるが、以外に今年は早く咲いた。












m175の画像掲示板


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アテツマンサク

2007年02月21日 | Weblog
 大正2年牧野富太郎氏が新見の山で見つけ新種として発表された。
最初の発見地から、阿哲満作(アテツマンサク)と言われる。







m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セツブンソウ(布寄2)

2007年02月20日 | Weblog
咲きはじめてしばらくすると、満天の星状態になる。










m175の画像掲示板
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アカバナマンサク

2007年02月19日 | Weblog






m175の画像掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加