花にいやされて

田舎暮らしをしながら、のんびりガーデニングをしています。私の庭に小さな幸せを求めて、花やハーブと付き合っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポリジ

2010-06-02 22:02:47 | 晴耕雨読
今日は晴れ。暑かったので夕方の水やりは欠かせません。

ポリジの花が咲きました。爽やかな青い花が好きです。こぼれ種で出てきた芽を大事にして育てています。毎年ちょっとずつ違う場所で芽生えるので、そのまま育てています。というより、ほったらかしにしているだけなんですけど…

梨木香歩さんの『秘密の花園』ノートを読んで、私の知っている『秘密の花園』は子供向けだったことがわかりました。図書館で借りて、改めて岩波少年文庫の『秘密の花園』を読みました。



花園がきれいになるにつれて、人の体も心も、人と人とのつながりも、いろいろなものが一緒に再生されていく、そんな花と人の花園でした。



私の庭も、私だけの秘密の花園です。そこにさく小さな花も花に集まってくる昆虫も、虫を探してやってくる野鳥も私をいやしてくれます。

次々に咲く花に囲まれて、一年で一番いい季節です。nono

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニスイセン

2010-04-11 18:47:51 | 晴耕雨読
今日は雨。寒かったです。まだ桜は咲きません。

重松清さんの“きみ去りしのち”を読みました。まだ私は辛い別れを経験したことがないけれど、世の中には辛い思いを抱えて生きている人がたくさんいて、本を読んでいるだけで、本当にせつなくなってしまいました。でも“十字架”とは違って、辛いなかでも、未来が見えるように思えました。

庭に出て花を眺めて、草を抜いて、それが幸せ。辛い時にも私を癒して欲しい…そしてそんな庭にしていきたい…

私の庭のスイセンの一番は、ミニスイセンのテータテートでした。ちょっとづつ増えて花をたくさん咲かせてくれます。

去年の秋に植えた新顔のスイセンはまだまだ蕾、どんな花が咲くのか楽しみです。nono

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オギ

2008-12-13 18:01:16 | 晴耕雨読
(2008.12.4撮影)


今日は晴れ。早い初雪にびっくりして、寒い十二月を覚悟していましたが、このところずいぶん暖かです。

我が家に日向ぼっこに来てくれたキタテハ、無事に冬越しできるでしょうか?

有岡利幸さんの“秋の七草”を読んでいます。ススキの項で初めてオギと言う植物のあることを知りました。昔から身近にある植物なのに、みなススキと呼んでいましたし、同じと思っていました。河原に生えているものを“ちょっと違ったススキかしら?”と思ったこともありましたが、多分それがオギだったんだと思います。

ススキの実の先にはノギといわれるものがついていますが、オギにはなく、ススキは株立ちしていますが、オギは地下茎で広がるので平行に立っているそうです。

来年の秋はススキとオギをじっくりと観察してみようと思います。nono

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチョウ

2008-11-15 18:15:31 | 晴耕雨読
今日は晴れ。秋晴れでした。暖かかったです。

我が家の周でも紅葉が綺麗です。図書館にある大銀杏も、綺麗に色づいています。この銀杏、実が生るんです。近くのおばあさんが、いつも銀杏の実を拾ってくれますので、臭いもせず、助かっています。

やっと、ハリーポッターを読みました。図書館で順番を予約してずいぶん経ちましたけれど、やっと読み終えました。期待していたとおり、いえ、それ以上でした。

子供たちがいた頃は、私が買って、皆で読みました。そのうち娘が買ってくるようになり、そして娘が巣立ってからは、図書館で借りて読むようになりました。十年のプロジェクトだったそうです。最終話まで、我が家でもいろいろなことがありました。感無量です。

“死の秘宝”で明かされたスネイプの姿、私には理解できないけれど、読んでいて切なかったです。やっぱり屈折している。

十九年後のハリーの日常は、どこにでもあるような日常です。何の変哲もない平凡な日常が一番幸せだと思っています。私にも私の庭にも。nono
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスモス

2008-10-11 18:20:24 | 晴耕雨読
今日は雨のち曇り。肌寒い一日でした。晴れ間を見て少し草取り。

雨が降ると、秋の花とはいえ、コスモスも寒そうです。

自家採取の種は、親と同じ色にはならないかもしれませんが、好きな色のコスモスに、テープで印をつけておきました。来年もたくさん花が咲きますように



野島伸司さんの“スヌスムムリクの恋人”を読みました。

スヌスムムリクとはスナフキンの本名だそうです。

すべてを手に入れることは出来ないけれど、一人一人それぞれが自分に一番合っているもの、自分が一番ほしいものを手にしたと思います。本当のところ、私は主人公たちのことを理解できていません。遠くから見ている傍観者でしかありません。そばにいたらきっとすごくつらいと思います。自分に関係ないからこそ、つらいけれど、暖かいそんな話を読んでいられるんですね。

読書の秋です。雨の日はのんびり読書です。nono
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白い花

2008-09-13 19:22:31 | 晴耕雨読
今日は雨

名もない白い花が咲いています。我が家の近くではよく見る花ですが、なんと言う名前なのか、園芸種なのか雑草なのかもわかりません。背丈が高く存在感があって好きなので、そのまま育てています。

今日は晴れ間を見て草取りしました。旦那様に刈払い機で通路の草を刈ってもらったので、ずいぶんすっきりしました。ほんのすこし綺麗になるだけで、やる気が出てきます。まだまだ暑く、その上秋の蚊はずいぶん強力ですので、庭に出るのも億劫です。

森絵都さんの“DIVE!!”読みました。

真夏に読みたい小説です。その上今年はオリンピックイヤー、もっと早く読みたかった!

プールでは横目で見ているコンクリート・ドラゴン。私にはダイブは無理です。でもほんのちょっぴり、挑戦してみようかな、なんて気にさせられます。スタートでの飛び込みも怖くて出来ないのに…

映画化もされましたが、見逃してしまいました。DVDになるのを待とうと思います。nono

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ススキ

2008-09-04 19:11:01 | 晴耕雨読
このところ、お天気がよくありません。大雨ではないのですが、雨続きです。全国では、豪雨で大きな被害の出たところもあります。なんだか変な気候です。

晴れ間を見て秋の七草を探しに行きました。いつも八月はあわただしく過ぎてしまいますので、私の秋はいつも急にやってきます。庭から聞こえる鳴き声も、いつの間にか秋の虫の音に変わってしまいました。



ススキは七草の中で、一番秋らしいと思います。きらきら光るまだ出たばかりの穂が綺麗です。

まだ残暑も厳しいですが、読書の秋の始まりです。夏休みも過ぎ子供たちも帰って、また私のいつもの日々がやってきました。

海堂尊さんの“ジーン・ワルツ”を読みました。命にどこまで介入できるのか、色々考えさせられました。選択することなく、今まで生きて来れたことは、幸せですね。

生まれたときに始まるそれぞれの人生。物語の続きがハッピーエンドになることを信じています。nono



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ウドの花

2008-08-04 20:08:19 | 晴耕雨読
今日は晴れ。暑かったです。

ウドの花が咲いています。鳥が運んでくるのか、庭のあちこちに小さな芽を出しています。せっせと一ヶ所に集めて育てています。でも我が家のウドはなんだかもったいなくて食べられません。いつもウドの大木にしてしまいます。

今日は夕方映画を見に行きました。森博嗣さんの原作の“スカイ・クロラ”です。スカイ・クロラのシリーズはイメージだけ追って読んでいましたので、アニメーションになって、やっとストーリーがつながりました。でも難解です。

外に出ると、アニメーションの中の空がそのまま続いているような、淡い夕焼け色の空でした。

  森先生が好きなのか?
  小説が好きなのか?
  萌絵さんが好きなのか?
  犀川先生が好きなのか?
  そんな私が好きなのか?

なぜかわからないけれど、森博嗣さんの小説は好きです。今は“スカイ・イクリプス”を読んでいます。やっぱり難解。でも面白いです。nono
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2008-07-20 18:38:42 | 晴耕雨読
今日は曇り。梅雨が明けたというのに、まだ、なんだか梅雨のようなむしむしと暑い一日でした。

我が家の庭ではうるさいほどの蝉の鳴き声が聞こえるようになりました。あちらこちらに蝉の抜け殻も見られるようになりました。夏ですね。

さだまさしさんの“茨の木”を読みました。冷房の効いた部屋で本を読むのも、夏の至極の一日です。

茨は野薔薇のことでしょうか?イバラの清楚な白い花やイバラの棘、いろいろなことを思いながら読みました。バイオリンの弦が次々に人の心や時間を繋いでいってくれるような、心温まる話でした。

さだまさしさんの歌も好きですが、小説も好きになりました。nono



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クレマチスの種

2008-06-24 19:59:26 | 晴耕雨読
今日は晴れたり曇ったりの一日。梅雨入りしましたが、今日は少し涼しく過ごしやすかったです。



一月前には綺麗に咲いていたクレマチス、花びらが散って、くるくる巻いた種が出来ました。いつもほったらかしにしていますが、自然に種が飛んで芽が出るということは、我が家の庭ではありません。種から自然に育つのは難しそうです。

森博嗣さんの“銀河不動産の超越”を読みました。なんだか癒し系の主人公と甘え上手な人たちのちょっと不思議な話でした。私は仲間にはなれなさそう…こういう関係はちょっと苦手かも…でもこんな森ワールド、嫌いではありません。

続きがありそうな話でした。この先どうなるんだろう。続きを読んでみたいです。nono
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーリンタンポポ

2008-06-09 20:39:56 | 晴耕雨読
今日は晴れ。暑かったです。

庭ではコーリンタンポポが咲いています。可愛いオレンジ色のタンポポのような花です。ご近所でオレンジ色の可愛い花を見つけて、我が家にも欲しいと思っていました。そうしたら、雑草の中で一株発見。風で種が飛んできたんでしょうか?大事に育てて、10株ほどに育てました。ランナーを出して増えていきます。可愛い花ですが、雑草でしょうか?

東野圭吾さんの“流星の絆”を読みました。人間の辛さや切なさ、優しさや思いやり、色々考えさせられました。東野さんの作品はいつも面白くて一気に読んでしまいます。読み終わって、もうちょっとじっくり楽しみたかった…と思いました。

今夜は宇宙ステーションが、家の近くを通りました。流星では在りませんが、今日は晴れて、きらきら光ってとても綺麗に見えました。スペースシャトルがドッキングしているので、いつもより少し大きく見えるような…気のせいでしょうか?手を振ったら星出さんが気付いてくれそうなくらい、真上近くを通っていきました。

宇宙から見たら、人間ってちっぽけなちっぽけな存在でしょう。いろんなことがあるけれど、そんな中で必死に生きている。時々は、空を眺めて深呼吸しよう。nono

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キウイフルーツの花

2008-06-05 19:06:30 | 晴耕雨読
今日は雨。雨の晴れ間を見てほんの少し草取りをしました。



キウイの花が満開です。今年もたくさん実をつけてくれるでしょうか?蔓がだいぶ延びているので、実のなっていない蔓は剪定しようと思います。白い花と黄色い花と咲いていますが、雄花なのか雌花なのか?種類が違うのか?よくわかりません。とりあえず、実がなってくれればそれでいいので、気にも留めずに育てています。我が家の果樹は、キウイが一番実をつけてくれます。

森博嗣さんの“水柿助教授の解脱”を読みました。煙に巻かれて、よくわかりません。パスカル君が可愛いことだけはわかりました。それから使い切れないくらいのお金って…私には全然関係ない世界なので、やっぱりわかりません。さあ、本の中から飛び出して、現実に戻ろう。nono
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツタバウンラン

2008-05-24 19:35:01 | 晴耕雨読
今日は曇り。夕方からぽつぽつ雨が当たってきました。水遣りをサボれるのはホッとします。



我が家の庭の片隅で、ツタバウンランの花が咲きました。小さな花が可愛いので、寄せ植えにしようとほんのちょっといただいた花が、ちょっとづつ増えて、可愛い花を咲かせています。夏も冬も乗り越えて花を咲かせる、生命力の強い花です。

奥田英朗さんの“空中ブランコ”を読みました。伊良部先生、体型に似合わず運動神経がいいですね。ちょっとびっくり。それから、先生のところに掛かっても、病気を治してもらう、と言うより、なんだか自分で治っていくような…不思議な先生です。

以前“インザプール”も読みましたが、こちらも面白かったです。読んでいて、私の気持ちも少し楽になるような気がします。

奥田英朗さんの他の本も読んでみたいです。nono
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツルマンネングサ

2008-05-07 22:26:48 | 晴耕雨読
今日は晴れ

なかなか草取りが進みません。一度とってしまえば、後は楽なんですが、それまでが大変です。

庭のあちこちに、ツルマンネングサがはびこっています。今はまだ背丈が短くて、ちょうど良いグランドカバーになっていますが、どんどん伸びて、あっという間に花の間にはびこってしまいます。木の幹のくぼみにも生えてきました。今はちょっとしたオブジェです。可愛い黄色い花が咲きますが、やっぱり雑草です、見つけ次第抜いてしまいます。

伊坂幸太郎さんの“ゴールデンスランバー”を読みました。読み始めたら面白くて、ハラハラドキドキ、ちょっとほろりとして…一気に読んでしまいました。第5回本屋大賞を受賞したのもうなずけます。

お天気ですが、読書はやめられません。nono
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビオラ

2008-04-16 18:49:08 | 晴耕雨読
今日は晴れ。暑いくらいでした。

西側の花壇の草取りがやっと終わりました。宿根草が中心ですので、あとは花の咲くのを待つだけです。こぼれだねで育った雪柳が、ずいぶん大きくなって今年はたくさん花を付けています。ここはもう何年もレイアウトを変えていないので、ちょっとマンネリ。少し花を入れ替えてみようと思います。

石田衣良さんの“親指の恋人”を読みました。もちろん命は何物にも代えられませんが、追い詰められて、死ぬことしか選択肢がなかったら…そう思うと、すごく辛い話です。若い二人にはもっと他の生き方も選べたかもしれない。生きていたら、いい事だって、きっとあると思う。でもそう思うのが、長く生きてきて分別を持ってしまったからなのかもしれません。

小説とは全然違う世界で生きている私です。嫌なことも、ガーデニングで忘れられます。

ビオラも次々に花を付けています。もう小さなナメクジが出て、花を食べています。今年もナメクジ退治、がんばらねば。nono
コメント
この記事をはてなブックマークに追加