野あざみの記

このブログは備忘録のつもりで書いています。

母の1周忌

2017-01-29 22:29:41 | 日記

 

母の1周忌。

栃木や東京から従妹も来てくれた。

明るく楽しい1周忌だった。

母は元来明るい性格だったので今日の和気藹々とした法事を

喜んでくれたことだろう。

 

(追記)

法事の時の和尚さんの講話が『寺コン(縁結び)』についてだった。

まるで我が家に向けて言っているかのように思われた。

40過ぎて未だ独身の我が娘も

「どうしてああいうお話をされたのだろう?」

と訝し気だった。

 

法事から家に帰るや娘、どこかへ出かけた。

コーヒー専門店へ行ってたとのこと。

「そのお店に頭を丸めた人が来て大量にコーヒーを買ったの。

何気なくそれを見ていたら、

その人が、こんなに買ってびっくりしたでしょう。

今度お寺で『寺コン』をするのでその為に買っているんです」と

娘に話したという。

頭を丸めた人というのはお坊様だったようだ。

「今日はどうしたことか『寺コン』の話を偶然にも

二人のお坊様から聞いた」と娘。

「今日は祖母ちゃんの命日。ばあちゃんがあんたが嫁に行かないのを

気にして、お坊さんに早く結婚するよう伝えて下さいと

お願いしたんじゃないの?同じ日に別々の場所で二人の

お坊様が『寺コン』の話をするなんて、なかなかあることじゃない」と私。

もしや、あの世の母からのメッセージ?

結婚を急がない娘と娘を結婚させることを半ばあきらめた母親(私)には

そのメッセージ?は軽い冗談ばなしで消えてった。

「あーもう、せちい」と母のもどかしがる声が聴こえてきそう。(*^。^*)

 

 

『大分県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハイヒール | トップ | お薬がよく効いた »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最近は (花世)
2017-01-30 21:24:09
市が婚活のためのセミナーなんかやってますね。
ちょっと前までとは 世の中が変わってきてるように思います。
「寺コン」があってもちっとも不思議じゃないです。
今回は冗談話で消えてしまいましたか~?
いえいえ、きっと娘さんの心の隅っこには
何かが残ったのじゃないでしょうか!
いつまでもこのままで良い!と思っては無いと思います。
花世さんへ (あざみ)
2017-01-30 22:33:49
娘は婚活する気がないようで
そういう話を全く受け付けません。
私もこれもまた娘の人生かなと思い
もうこの頃は干渉しないことにしています。
日々、自分の好きなことをして生活しているので
ある意味、こういう生き方も良いなと思っている面もあります。
いつの日か良い出会いがあればと
自然な成り行きに期待している面も少しあります。(*^。^*)




もう (しお)
2017-01-31 00:30:34
1周忌だったのですね。
何だか早く感じるでしょう?
和やかなご法事で、きっとお母さんも
喜んでいるでしょうね。

寺コンというのがあるんですか?
初めて聞きました。
今の時代は色々な婚活がありますね。
福岡でも農村、漁村での婚活が多いようです。

娘さん、いつ突然結婚する気になるか分かりませんよ。
今は今で充実しているので、あまり考えないのでしょうけど。
ご縁はどこにあるか分かりませんから。

我が家はもう諦めています。
と言うより、他人が今の生活に入って来るのは
嫌だなと言う私の気持ち(爆)
しおさんへ (あざみ)
2017-01-31 20:05:05
母の1周忌。
早いような長かったような
そんな感じです。
なるべく思い出さないようにしてきました。

お寺で婚活があちこちで行われているようです。
でも、そういうのに参加する気がないようです。
私ももうノータッチです。

そうですね。
家族水入らずで気楽に過ごせてよいですね。(*^。^*)
私も自由気ままに過ごせて幸せです。(*^^)v

コメントを投稿