野あざみの記

このブログは備忘録のつもりで書いています。

隣の家の解体

2017-07-11 22:16:16 | 日記

 

隣の家の解体工事。

今日はユンボのような家屋解体機を使って壊し始めた。

作業員は2名。

一人は水を撒き、一人は機械を操作する。

我が家の居間からその様子が良く見える。

 

朝、そこにあった家が夕方には完全に無くなった。

他所の家ながら一抹の寂しさを感じた。

 

 

『大分県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草取り | トップ | 庭仕事 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
解体 (しお)
2017-07-15 23:55:39
一日であっという間に建物が無くなるのも
寂しいですね。
この暑い時期に、作業も大変だったでしょうが、
土煙が凄かったのでは?
しおさんへ (あざみ)
2017-07-16 20:57:22
瓦を剥ぐのには何人も来ていましたが
解体は1日で建物が無くなりました。
家主さんも、そのあっけなさを寂しそうに
夕方、眺めていました。
解体の仕事は危険を伴い大変な仕事だなあと
思いました。
土煙やほこりがたつので洗濯物は乾燥機で乾かし、窓も閉めっぱなしでしたが
今日は作業がないので久しぶりに洗濯物を
外に干したりしました。
後片付けにまだ何日かかかりそうです。

コメントを投稿