野あざみの記

このブログは備忘録のつもりで書いています。

覚え違い

2017-07-23 23:29:31 | 読書

 

直木賞受賞作の佐藤正午さんの『月の満ち欠け』を読み上げた。

私にしては早く読み上げたと思う。

文に引き込む力があるのかもしれない。

ストーリーは全く違うが村上春樹さんの『1Q84』を読むときに

感じた感覚に似たものを感じた。

「生まれ変わり」・・・よくこういうことを思いつくものだ。

 

この文の中に何度も出てくることわざ、

『瑠璃も玻璃も照らせば光る』=つまらぬものの中に混じっていても

すぐれたものは光を当てれば輝いてすぐにわかる。

・・・という意味らしい・・・が・・・、

 

恥ずかしながら私は今まで完全に覚え違いをしていた。

「綿密(めんみつ)」を私は二十歳過ぎまで「念密(ねんみつ)」

と思っていて(念を入れて細かい点まで抜かりなく)と言う解釈で

使ったりしていたが

この『瑠璃も玻璃も照らせば光る』も覚え違いしていた事に

やっと今日、気が付いた。

なんと私は「るりもはりも磨けば光る」と思っていた。(^^ゞ

私の頭にあった漢字は「瑠璃も梁も磨けば光る」。

青い色のガラス玉(宝)も梁(古びたように見える家の梁)も

磨けば美しく光るようになる・・・と思っていた。(^^ゞ

たぶん、この言葉を今まで人前で話すようなことは無かったと思うが

この常識のなさは、恥ずかしい限り。

まあ、この程度の人間なので、この本の感想など、あまり言えるほどの

読解力はない。

よくぞ、こういう構想を立てられたものだとただただ感心した。

しかし、こういう本が好きかどうかと訊かれたら「好き!」と

までは正直、言えない。

 

『大分県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同級生と彼岸花植え | トップ | 暑い中ゴルフ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かったですか? (しお)
2017-07-26 22:03:43
最近は本当に小説を読みません。
買っても積ん読です(笑)
長い間勘違いしてる事ってありますね。
瑠璃と言う文字が好きで、この言葉は覚えてます。
玻璃と梁・・・読み方同じだし・・・(*^。^*)

しおさんへ (あざみ)
2017-07-27 17:19:53
しおさん、ごめんなさい。
このコメントに昨夜気付かず
お返事が遅くなりました。
すみません。
しおさんはいろいろな本を読んでいるので
なかなか小説に行きつかないのかもしれないですね。
私はあまり本を読みませんが
ミーハーなので話題になっている本は
たまに買って読みます。

まだ他にも勘違いで使っている言葉があるのではないかと思います。(^^ゞ
玻璃を梁とばかり思っていました。(^^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。