野あざみの記

このブログは備忘録のつもりで書いています。

困ったもんだ

2017-06-09 21:43:55 | 日記

一昨日、白内障の手術をした夫。

「白内障は年寄りがかかる病気だと思っていたのに・・・」と

その事がかなりショックな様子。

1か月間、草取りなど畑仕事禁止。

人ごみも禁止。ほこりが立つことをすることも禁止。

禁止事項が多い。

なのに、油断すると枇杷を捥いだり、土を触ったりしようとする。

実際枇杷を捥いで食べていた。

耳が遠いので私は大声で叱る!(近所に聞こえるだろう)

夫には、させられないので、今日は一人で梅もぎをした。

手の届く範囲、3キロ捥いで、今、水に浸けて、あく抜きしている。

夫がしようとしているのを奪ってプランターの水やり。

キュウリなどの農作物も夫より先に私が収穫。

 

キュウリの苗が一つのポットに2つずつ芽が出ていた。

(キュウリは時期をずらして次々に植えて育てている様子)

これを植え替えたいという。させるわけにいかない。

「目にほこりが入ったらいけないので、なるべく離れたところにいて」と

言うのに私のやり方が不安のようで、くっ付いてくる。

「離れていて!」と叫ぶ。

↑(私が植えかえた後)

 

「風呂場の排水溝の掃除をしないと・・・」と言う。

「私がするから何もしないで!」

「キュウリの蔓の先を支柱にくくりつけなければ・・・」と言う。

「分かった。分かった。明日、私がするから!」

じっとさせておくのが大変。

大事な目なんだから、こじらせたら大変。

お医者様が言ったことを守らせなくては・・・。

油断できない!見張らねば!(「鬼嫁」)

 

『大分県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夫、白内障の手術 | トップ | 主婦しています! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白内障 (しお)
2017-06-10 15:40:56
白内障の症状は、人それぞれだそうです。
私は周りからじんわりと進行してるのでほとんどまだ影響はありませんが、
友人はど真ん中から白内障が進んだので、
見えなくなって手術しましたね。
ご主人、やっぱりじっとしてくれませんか(笑)
眼科で防護眼鏡のような、ゴーグルのような物を勧められませんでしたか?
友人はそれが邪魔くさいと言って眼帯を長くしていました。
多分、ご主人はしばらくしたら動き始めるでしょうね。
今は (花世)
2017-06-10 21:32:19
日帰りが普通になってるみたいですが
県立病院ではまだ入院させてるようなんです。
けっこう目薬さしたりもキチンとしないといけないので
万全な状態で退院してもらう方が安心という事でしょうか。

じっとしてるのが苦手な人は、辛いでしょうね。
しおさんへ (あざみ)
2017-06-10 21:35:34
夫は鈍感なのでメガネが良くないと思っていたようです。(*^。^*)
メガネをかけていない人は防護メガネを貰ったそうですが
普段からメガネをうちの夫はしているので
それをするように言われ、貰って来ていません。
ところが手術をして目が今までより見えるようになったら
メガネを外してしまいかけるとみにくいなど言っています。
全く用心しないので困ります。
しばらくどころかもう動いて困ります。(/_;)
花世さんへ (あざみ)
2017-06-10 23:06:21
うちの夫のように医師の言いつけを守らない者は
1週間くらい入院させてほしいです。
目に見えないほこりがたくさん舞っているいると
いうことが分からないらしく
普段しているメガネも外しています。
気を揉んで疲れます。
こういう健康面の事となると頑として私の言う事を聞きません。
困ったものです。

コメントを投稿