野あざみの記

気が向いたときに書く気まぐれな日記です

仲人さんのお葬式

2016-10-19 23:13:32 | 日記

 

午前中、健康体操教室。

午後(1時から)我々夫婦の仲人さんのお葬式。ご主人90歳。

市議会議員を何期もし、叙勲など受けたことのあるかた。

温厚で優しく信頼できる方だった。

仲人を100組以上されたとのこと。

奥さんがまた艶やかで賢く魅力的な方だった。

お二人の人柄に魅かれたこともありずっと親しくさせていただいた。

最後にあったのが今年の7月、お中元を届けた際。

ご夫婦で玄関まで出てきて下さり、「まあ、上がりよ」と言って下さったが

少し立ち話して帰って来た。

 

今日、奥さんに会ってびっくり。

真っ黒で艶やかだった髪が白髪になり背中も曲がって見違えるほど

老いていた。

挨拶に行くと手を差し出し、私の手を両手で握りしめて下さった。

お子さんがいないので、ご主人に逝かれて、どんなに寂しい事だろう。

おばさんのことが気になる。

 

夕方、フクを連れて別府の動物病院へ。

5時ごろ病院へ到着したのだが受付番号113番。

待ち時間2時間以上。

先日、足の裏のいぼ(?)を全身麻酔で切除し、縫合した所が

糸が切れて傷口が開いているとのこと。

「エリザベスカラーをしなくちゃダメです」と若い男の獣医さんに

叱られてしまった。

3針縫合しなおし。「明後日、また連れてきてください。」と言われた。

動物病院を出たのが7時半。帰り着いたのは9時前。やれやれ。

孫がいないので孫を病院へ連れていくことはないが

犬の病院通いも楽ではない。

我が子が幼かったころ、娘は度々、中耳炎になり、しょっちゅう、耳鼻科通いを

していた。

その時、共働きの我が夫婦に代わり病院へ連れて行ってくれていたのは義母。

今さらながら義母の大変さが理解できる気がする。

ひょんなこと(犬の病院通い)から義母への感謝の気持ちがむくむくわいてきた。

 

フクちゃんの足の傷が早く治りますように・・・。

 

※庭の金木犀、今見ごろ。

 

 

アサギマダラもほぼ毎日まだやってきている。

 

『大分県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柳の下の2匹目のどじょうね... | トップ | 今日は私の番 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しお)
2016-10-22 12:56:47
フクちゃんの行ってる動物病院は
かなり大きな病院なんですね。
受付番号が発行されるとは・・・
やっぱり、傷口が開きましたか。
多分、見えないところで、フクちゃん舐めてるんですよ。
(*^。^*)
遠くても慣れた病院の方が、フクちゃんにはいいですしね。
私も、グーの病院が移転して遠くなったけど
そこまで通っています。

お仲人さんが亡くなられたのは寂しいですね。
残された奥さん、お元気でいて欲しいですね。
しおさんへ (あざみ)
2016-10-22 20:51:08
人気のある動物病院みたいです。
1日に150匹くらいは受診しているようです。
やはりエリザベスカラーをちゃんとしなければ
いけなかったと反省しています。
それをしていたらもう治る頃だったかも(?)
近くにも動物病院がありそこでシャンプーカット
しているのですが
病気の時は設備の整ったところへと思い
遠くまで行っています。
グーちゃんの病院、良く知ってくれているところが安心できますね。

7月に会ったのですが
数か月の間に激変していて
驚きました。
ご夫婦とも人望のある素敵な方でしたが
誰しも老いには勝てないのだと
しみじみ思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。