野あざみの記

このブログは備忘録のつもりで書いています。

めぐり逢い

2017-05-04 22:43:36 | 日記

 

思春期の頃からニューヨークに一度は行ってみたいと思っていた。

その理由の一つはエンパイア・ステートビル。

当時世界で一番の高層ビルだったので一番文化が進んでいる場所だと思っていた。

その後、1957年制作のデボラ・カーとケーリー・グラント主演の

「めぐり逢い」という映画を見た。

 

 

二人の再会の約束の待ち合わせ場所が

エンパイヤ・ステートビルの102階の展望台だった。

その日、二人ともその場所に向かったのだが・・・という恋愛映画。

ニューヨークにいくにあたり、この映画を一度見て行こう思い

他の準備は全くしていないのに、まずこのDVDを買って見た。(唯一の予習?)

今から60年前の昭和32年の映画。

白黒映画だったと記憶していたが、カラー映画で映像が美しかった。

今度行くとき、102階の展望台まで行くことができるかどうか分からないが

「めぐり逢い」をイメージしながら眺めることができたらと思う。

 

『大分県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇佐神宮などへ行った。 | トップ | 可愛いお客様 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿