遊 悠 素 敵

なんて事ない日々を、野の花や野菜の花とともに綴っています。

葬儀の後も、

2014-10-22 | 雑記

葬儀のときの祭壇は片付けられ、簡単な祭壇が設えられています。この状態で49日まで過ごします。
この土地の葬儀に関しての一連の流れは、これまでも折り触れ書いてきましたが、
それらの習慣も時代とともに、変わってきました。それも急速に、

たとえば、お念仏
お通夜から毎晩初七日まで、音頭とりさんと言われる女性に倣って念仏を唱えるのです。
それは近所親戚は可能な限り毎晩、行かなくてはなりません。ご縁のある方のところには、1度は行きます。
そして、7日毎のお念仏に変わります。これにも近所、親戚は可能な限り、、、です。
49日まで続きます。

迎えるほうも、部屋を整え座布団の用意。祭壇の設えも整えておかねばなりません。
間に喉を潤すお茶の準備です。奇数日の7日には、お茶菓子の用意もせねばなりません。

通夜 葬儀の後の49日までの祭壇です。(クリックで大きくする事もできます。)

ダンダン簡略化され初七日までと四十九日の念仏に
そのうち、5日まで、3日まで、、と、するお家も増えてきました。
我が家も、念仏は葬儀までの3日間と、49日でお終いにします。
けど、仏様に毎日のお茶とご飯、毎夕のお墓に灯りを灯しに行く事
そして7日毎に、家族でお念仏を唱えてる。って、ことになっています。お念仏は、パスさせてもらっていますが、
オリョウゴと呼ばれるお膳とお団子を供えています。

料理上手な義妹がオリョウゴ作りをする。と、言ってくれました。そんな時、遠慮しないのが のん太さんです。 
で、私がお団子を用意します。



ご飯が高く盛り上げられているでしょう、こんな風にするものだそうです。回を重ねる毎、ダンダン高くなってる気がします。
お団子の頂点の三角錐状のものは、他では見ないのですが、ハハ(姑)がやっていたので同じにしました。 

これ、作った事がありませんでした。これまでは、ハハ(姑)が作っていました。
ダンゴ粉や上新粉と言うものは、買いにいったので知っていますし、作業は見ていました。
普通は、沸騰したお湯に団子を入れるのですが、これは、まずダンゴを奇数に積み上げて
蒸すのです。
蒸し器に入れるときに、ひっくり返してしまわないように、蒸しあがった団子を取り出すときに失敗しないように、
ハハ(姑)は、とても大変そうでした。
そんなに苦になるなら、代わってあげようか?なんて言えません。

で、やってみると、最初は、高台とのバランスで大きさを決めるのが難しいかったけど、やり直せるし、
蒸し器に入れるのも、何であんなに大騒ぎしてたのか???
取り出すのも、冷めるのを待てば良いだけでした。なんで熱い鍋から出さなきゃいけなかったのか???

4回目です。団子の大きさも決まって、子供の頃のオママゴトよろしく、お団子を作っています。
そういえば義妹のオリョウゴも、基本を踏まえながらも毎回メニューが変わっています。
彼女もけっこう楽しんでるのかしら、、

ちょっと珍しい風習かと紹介しました。




 ランキングに参加しています。ポッチとお願いします。blogramで人気ブログを分析
 

ジャンル:
その他
コメント (20)   この記事についてブログを書く
« 苦手≪タムラソウ?≫ | トップ | 二日掛り≪セイダカアワダチソウ≫ »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
のん太さんへ (くりまんじゅう)
2014-10-22 16:00:04
昔に比べたら簡素化されたでしょうが のん太さんの
記事を見ると お葬式を出した後の仏事行事がたくさん
ありますね。のん太さんも義妹さんもよく覚えておいでです。
この高さの団子の山をそのまま蒸し器に入れ蒸すのですね。
大きな蒸し器でないと入りませんね。こうやって1つ1つ
こなして次は 49日法要になるのですね。
びっくり (まろ)
2014-10-22 17:29:04
お団子は、こういう形にしてから蒸すのですね。
よほど大きな蒸し器でしょう。
所変われば、言いますが面倒な風習がまだまだ各地に残っているのでしょうね。
珍しかったです。
こんばんは。 (t-soleildor)
2014-10-22 18:07:42
凄い!のん太さんのお宅は由緒正しいお宅なのですね。
この辺りでは、今はほとんど葬儀やさん任せで、
メモリアルホールで済ませます。
驚いたのは、2日間でお通や、葬儀、初七日まで
全て済ませてしまう事です。
これは遠くからくる方や、お仕事等で忙しい方の為だそうで、
昔に比べ、かなり単純化してきています。
この辺りも旧家が多かったりしますが、
最近では殆ど家でする方はなくなったそうです。

暫くは大変だと思いますが、ほどほどに頑張って下さい。
こんばんわ (ひまわり)
2014-10-22 18:18:44
風習が結構大変そうですね
このお団子も初めてですし オリョウゴと云うお供え物も初めて見ます
7日ごとにお寺さんが見えてお念仏 これは行われています
お寺に縁遠い私です 友がお寺通いをしているので
どうして7日ごとなのか どういう意味か?尋ねましたが
ハッキリした返事がありませんでした
まぁ どうでもいいですけどね
当分気が抜けませんね 頑張って下さいね
くりまんじゅうさん、こんばんは^^ (のん太)
2014-10-22 18:40:02
皆さんに聞きながらやっています。葬儀なんて、再々あるものじゃないですから、
チチ(舅)のときの事は忘れてしまいました^^;

我が家には、蒸し器が無くって、圧力鍋のスノコで間に合わせています。
少し深めの鍋であれば、大丈夫でした。
茹で上がったお団子を並べるより、ゆでる前の方が大きさを揃えられます。
やってみると何とかなるものです。^^v
まろさん、こんばんは^^ (のん太)
2014-10-22 18:43:49
くりまんじゅうさんへのコメントにも書きましたが、深さがあれば、そんなに大きくなくって大丈夫でした。
ハハ(姑)は何でも上手に出来る穂と人でしたが、文句が多かった。
私もだけど、
やってみたら、案外簡単でビックリでした。
t-soieildorさん、こんばんは^^ (のん太)
2014-10-22 18:49:33
とんでもありません、この辺りではごく最近セレモニーホールでするようになりました。
我が家も、そうです。でも、その後の事は各自でやらねば、、
この祭壇は葬儀屋さんが設置してくれました。
この地域では、皆さんやってることでして、もっと丁寧にやってる家もあると思います。
49日には、お念仏をこの座敷でします。その後、葬儀屋さんが取り払いに着てくれます。
ようやく普通の仏壇でのお供えになります。
ひまわりさん、こんばんは^^ (のん太)
2014-10-22 18:57:20
こちらでは葬儀のとき、初七日の法要も済ませ、あとは49日までお寺さんは関係ないんですよ。
お盆でも、初盆のお家にしか来ませんし、、
オリョウゴの前にモザイクを入れた板がありますでしょ、
そこに戒名と7日毎に、○○忌と書かれています。
初七日から、7日毎に初七日忌・二七日忌とあるのだそうです。
少しづつ葬儀の後の片づけが済み、49日に向けての準備をしています。
たいへんですね。 (ようちゃんばあば)
2014-10-22 19:44:20
一人の人を見送って その後も行事を重ねていくのは なかなか大変です。
うちも 祖母が20年ほど前になくなったときは 両親がまだしっかりしていたし
わたしは勤めていたので あまり思い出せません。
のん太さんは 49日まではお墓の灯りも毎日ともしに行き 花も替え
こういうしきたりが相当細やかな地域なので 大変と思います。
来年は お盆も 当家ですから大変でしょう~と今から思いますね。  
こんばんわ (キミコ)
2014-10-22 20:03:39
なんだかくらくらしそうな風習だったのですね
こう言っちゃぁ語弊がありそうですが一種のイベントですもんね
煩雑な事をきちんとこなすのが何よりの供養と思って
これまでやってらっしゃったんでしょうね
葬儀屋さんが幅を利かせる時代になりました
母の時は市営の葬儀でやりました
ものすごく大変でした(.≡. )。。. .。。( .≡.) ヨロヨロ・・・

父の時はとてもじゃないけどやってられないってんで
セレモニーホールでやりましたがやはり体力的に大変でしたね
でも母の時のことを思うとまだ気は楽でした^^;

最近はお参りに来られる方も忙しいのでどんどん簡略化されていますが・・・
私自分の時はもう何もしなくていいよと言いたいです・・・

のん太さん まだ当分大変ですけれど頑張ってください

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事