のんスケの‥行き当たりバッタリ!

ぐうたら人生を送ってきた私が、この歳になって感じる、喜び、幸せ、感動、時に怒りなどを、自由に書いていきたいと思います。

Iさんと、「はなの」でランチ (食事会の下見をかねて)

2017-06-18 13:26:21 | 日記

 16日(金)には、ご近所のIさんと、ウェスティンホテルの「はなの」でランチした。

 「はなの」には私は数年前に行ったことがあるけれど、ここのところは行っていない。

 (私が幹事の)7月の食事会の場所として「はなの」がいいのでは?と思った私は、一度下見に行ってみようと思っていた。

 そのことをIさんにふと漏らすと、Iさんはご自分も行きたいと言われ、一緒に行くことになった。

 

 「はなの」は、中津からそう遠くないウェスティンホテルの3階にある。 

 ウェスティンホテルはこのブログにも何度か登場しているが、スカイビルの隣の小振りだけれど感じのいいホテルだ。

 この日は、行きは梅田に地下鉄で出、梅田からはホテルのシャトルバスに乗って、ホテルまで行った。

 「はなの」の椅子席の部屋は、この日が平日だということもあってか、お客さんは少なく広々としていた。

 窓越しには中庭の緑が望めて、気持ちがいい。

                 

                           

 

 

 

 ランチメニューのお料理が運ばれてきた。

 大鉢に盛られた料理は、どれもとっても美味しかった。 (特に使われている野菜には、野菜本来の力と美味しさがあった!)

 料理の後のデザートもとても美味しく、私は躊躇なく、次の食事会をここですることに決めた。

                

 

 

 

 食事の後は1階のラウンジで、お値段ちょっと高めの水出しコーヒーを飲みながら、お喋りをした。

 下は、ラウンジの席から撮った、隣の、明るいレストラン。

                        

 

 

 

 コーヒーとお喋りを楽しんだ後、私たちは、ホテル&スカイビルを含む「新梅田シティ」の中に造られた、「中自然の森」や「里山」

 を散策した。

 この時期、どこを歩いても、美しい紫陽花に出会うことができる。

                  

 

                   

 

 

  

 桔梗が一輪咲いていた。

 蝶々と鳥にも出会った。 (鳥はハッキリ撮れなかったけれど、ヒヨドリかなあ?)

                    

 

                   

 

                   

 

 

 

 その後私たちは、新梅田シティの入り口(出口)に設けられた、いろいろな植物の植え込まれた分厚い塀をくぐって外に出、その

 まま今度は歩いて中津まで帰ってきた。

                  

                   (植物の植え込まれた塀の向こうに、グランフロントのビルを望む)

 

 

 


 

 

 

 

 私が今一番楽しみにしている福祉センターのコーラスは、先週は先生のぎっくり腰で、残念ながらお休みだった。 

 それでと言う訳でもないけれど、折よく知り合いの方から歌声喫茶が開かれることを教えてもらい、昨日の午後初めて行って

 きた。

                      

 

 

 みんなで声を合わせて歌うのは、やっぱり気持ちがいい。

 ずい分ストレス解消になったが、帰ってきたら妙に疲れたのは何故だろう‥? (声を張り上げ過ぎたかな?)

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月上旬の <長居植物園> ... | トップ | <空梅雨>、一転して <どし... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美味しそうなランチと歌声喫茶 (じゅん)
2017-06-19 08:37:16
美味しそうなランチですね。食べてみたい!「歌声喫茶」は、懐かしいですね。大きな声を出して皆で歌うと、何もかも忘れてしまいそう・・・・札幌まで出かけるとこのような所があるかもしれませんが・・・・
じゅんさんへ (のんスケより)
2017-06-20 17:58:40
 じゅんさん、ありがとうございます!
 ランチ美味しかったですよ! 歌声喫茶はこのところアチコチで結構やっているようです。私たちの年齢の人間にとっては、ホントに懐かしいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む