のんスケの‥行き当たりバッタリ!

ぐうたら人生を送ってきた私が、この歳になって感じる、喜び、幸せ、感動、時に怒りなどを、自由に書いていきたいと思います。

真夏の、中津公園の花たち

2017-07-23 17:06:36 | 日記

 起きたときは何となく体調が良くなかったけれど、朝食を済ますと突然、しばらくご無沙汰の公園に行ってみようかという気に

 なった。

 ラジオ体操には間に合わないけれど、まだ7時過ぎだから、真夏と言えどもそう暑くはないだろうし、真夏のこの時期に公園で

 ガンバって咲いている花を見てみたいと思った。

 

 公園に行く途中の市営住宅のお庭で、サルスベリが鮮やかな色で咲いていた。

 白いムクゲと、名まえを知らない黄色い花も。

                   

 

 

                  

 

 

 

 公園に着いたときには、緑の木々の上に、まだ青空が広がっていた。 

 写真には写らないけれど、木々からは、クマゼミの「シャアシャアシャア」という耳をつんざくような鳴き声が降ってくる。

 セミの生を謳歌する精一杯の鳴き声であることは分かっていても、この鳴き声を浴びると、暑さが助長されてややウンザリする。

 銀杏の木は、もうギンナンを付けていた。 (真夏なのにもう秋の準備を見たようで、ちょっと複雑な気持ちがした。)

              

 

 

 

 

 公園で見る鳥と言えば、今まで鳩か雀かカラスくらいだったけれど、最近雀よりちょっと大きめの鳥が集団でいるのをよく見る。

 何という鳥だろう? 飛ぶところを撮ろうとしたけれど、上手くいかなかった。

                     

 

 

 

 公園でも、向日葵が咲いていた。 アメリカフヨウの花も。

 公園の中央の花壇に、(普通のムクゲよりずい分大きな)ムクゲによく似た花が咲いていた。 (花までの距離があって、何の

 花か確かめられなかった。)

                  

 

 

                     

 

 

                   

 

                 

 

 

 

 

 公園のサルスベリは毎年遅咲きだが、今朝も満開には程遠かった。

                   

 

 

 

 

 花畑では鬼灯がたくさん実を付けていた。 朝顔は一輪だけ花を開き、ランタナやミントも咲いていた。

                       

 

                 

 

 

                    

 

 

                     

 

 

 

 

 公園を出て、序でに淀川ベリに上ってみることにした。

 公園を出たところにあるマンションの塀で、ノーゼンカズラがまだ鮮やかに咲いていた。

                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                

 

                   

                    

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かき氷 | トップ | 淀川の土手 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夏の花々 (じゅん)
2017-07-24 07:59:06
大阪はもう、すっかり夏の花が咲いているのですね。朝顔、ノーゼンカズラ、ほうづきなど懐かしい花達です。熱中症にならないように注意して下さい。
じゅんさんへ (のんスケより)
2017-07-25 12:10:46
 じゅんさん、ありがとうございます。
 何の変哲もない夏の花たちですが、酷暑をものともせずがんばって咲いています。
 私も熱中症にならないようにしながら、何とかこの夏を乗り越えたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む